ソネットについて

so-net契約者がお亡くなりになった時の解約方法

so-netの光サービスを契約していましたが、契約者である家族が亡くなったため解約しようと思っています。でもインターネットの契約には全く関わっていなかったので、どのように解約手続きをしたらいいですか?

あなたはこのような不安を抱えていませんか?

この記事ではso-net契約者がお亡くなりになった時の解約方法について解説いたします。

  • so-netを始め、光回線のサポート窓口で10年以上お客様対応を経験
  • 契約・接続設定・工事・請求・法人関連のサポートを行う

私は回線事業社やプロバイダに計10年以上勤務していました。光回線やプロバイダの契約・接続・工事のみならずお客様から様々なお問い合わせに対応してまいりました。また業界の仕組みなど読者の皆様に役立つ情報を自信をもってご案内いたします。作者のイラスト

インターネットに不慣れな方や初めて光回線の契約をする方に向けて「短時間でシンプルにお伝えする記事」を目標にまとめておりますので、お時間をいただきません。お手すきの際に当サイトをお役立ていただけますと幸いです。

nswer

so-netに連絡して解約の申請をしてください。

まずso-netの契約と言うことが分かっていれば so-net との契約書があるはずです。「so-net契約内容のご案内」というものがあると思うので、手元に用意してください。
解説アイコン02
もし見つからなかったらどうしたらいいの?
電話窓口で、契約者の氏名や生年月日住所などの個人情報を伝えて対応してもらうようにしてください。契約者以外の家族からの電話の場合でも、契約者の確認は必要となります。「so-net契約内容のご案内」があれば登録確認はスムーズに進むので、 できるだけ書類を探して準備してください。
解説アイコン02
どうやって手続きを進めたらいいの?
登録確認が取れたら契約者が亡くなったことを伝えて解約の申請をしてください。契約者が亡くなった場合の解約については解約金は発生しないので必ず事情を伝えて解約申請をしてください。事情を伝えず解約申請を進めていくと更新付き以外の解約の場合は通常通り解約金の請求が発生します。
解説アイコン02
家族と相談してインターネットは継続して利用したいってなったんだけど、どうしたらいい?
名義変更の手続きをしてください。名義変更すれば継続してインターネットを利用することはできますが、手続きには公的書類の提出や手数料が3300円かかります。インターネットが途切れることなく利用し続けることはできるので便利ですが、手数料の負担など面倒な手続きを免れたい場合は一度解約をして再度申し込みをしてください。しかし一度解約をすることになるのでインターネットの利用はできなくなります。
解説アイコン02

最後まで読んでいただきありがとうございます。

当サイトはソネット光プラスを中心にso-netのサービスに特化した専門サイトです。他にもソネット光プラスに関する記事、so-netメール、オプション、その他so-netの光回線に関する記事をご用意していますのでお時間ございましたら一読いただけますと幸いです。

出来る限り分かりやすく、端的にお伝えすることを目標に1記事を3分程度で読めるように短くまとめております。一方で基本的な概要や比較記事においては詳しいご案内が必要となるため完読いただくには10分程度要する記事もございます。

一人でも多くの方のお役立てるようサイト作成してまいります。必要な記事、必要な箇所だけ拾ってお読みいただき、皆さまの快適なインターネット生活の一役を担えれば幸いです。

  • この記事を書いた人

たいぞう

光回線系のサポートセンターで働いてきた経験を活かし、ユーザーのインターネットに関する悩みや問題点を解決できるようなサイトを作りたいと思いサイトを立ち上げました。 どうぞよろしくお願いいたします。

-ソネットについて
-