光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

プロバイダを速度で選ぶのは意味がないって本当なのか?

2018年12月8日

こんにちは。

皆さんプロバイダを選択するときに何を基準に選びますか?

キャンペーン、月額料金、初期費用、解約金、サポートなどなど。
選択要素は色々あります。
その中でも速度でプロバイダを探している方も多いのではないでしょうか。

確かにインターネットを利用していく上で速度というのは非常に重要な要素ではあります。

しかし速度でプロバイダを選ぶことに意味がないということを今回はお話いたします。

ただ・・・ちょっとこの内容だけだと非常に残念で暗い話ですよね(;´∀`)

 

 

安心してください!

 

 

最後にはきちんと正しく安全なプロバイダ選びの方法もお伝えいたします。

 

 

なぜプロバイダを速度で選ぶことに意味がないのか

まずインターネットの速度が速い遅いというのはどんな要素で決まるのでしょうか。

速度に影響を与えるもの

モデムの問題
wi-fiルーターの問題
利用機器(パソコン、スマホ、タブレット)の問題
LANケーブルの問題
宅内外環境の問題
回線の問題
プロバイダの問題

 

速度に影響を与える要因としてはこのように様々です。
全てが絡み合うこともあれば、この中の一つだけが不具合を起こしても速度が遅くなることはあります。

例えばwi-fiルーターやLANケーブルの問題であればユーザー自身で買い替えれば改善することは出来ます。

しかし宅外、プロバイダや回線側の問題であればユーザー側ではどのようにも出来ません。

 

宅外に問題あるとはどういうこと?

宅外の問題をいくつかまとめてみました。

ポイント

近隣に大きな建物がある
近所にヘビーユーザー(多くの通信量を使うユーザー)が居る
電波を遮断するような建物がある
同じプロバイダの利用者が多数存在する

等々・・・

あくまで一部ですが上記のようなものが理由として考えられます。

このようなことが原因で速度が落ちているとなるとユーザーではどのようにもなりません。

 

近所に大きな建物があって通信を邪魔していると分かっても壊すわけにはいきません。

近所にヘビーユーザーが居たとしても「ネットを使うな!」なんて言えないですよね。
皆料金を払って利用してので他人が止める権利はなありませんから。

同じプロバイダの利用者が多く居たからと言って「俺の回線が遅くなるからお前ら解約しろ!」とは言えないですよね。

このように速度改善の対応が何もできないということもあります。

 

プロバイダの問題とは?

プロバイダの問題というのは一言で言うと「見込みユーザーの増加」です。

プロバイダ側は「この地域ではこのくらいのユーザーが確保できる」という見込みを想定します。
その上で利用できる回線を確保します。
この確保している回線を帯域と呼びます。

しかしその見込みが大きく外れて想定以上にユーザーが多くなるということがあります。
こうなると当初見込んで準備していた帯域がパンク状態になり動きが遅くなるのです。

自動車で言うと2車線で足りると考えていたが想定以上の車の通りがあり渋滞を起こしているような状況です。

こうなるとプロバイダ側でも出来ることは回線事業者に増設依頼をすることです。
「この地域の回線をもっと増やしてください」というお願いです。

しかし回線事業者側も依頼があったからすぐに工事ということも出来ません。
工事には莫大な費用がかかるからです。

プロバイダは複数あります。
その内の一社から依頼があった程度では莫大な費用をかけて増設など出来ないのです。

多くのプロバイダから「うちもその地域は遅いので増設してください」との依頼が多く集まって、初めて回線事業者も増設工事へと進むのです。

そのため将来的にはその地域での速度低下の問題は改善されるかもしれませんが、今すぐに改善するというものではないのです。

 

回線側の問題とは?

回線の問題というは外に通っている回線に異常が出ているケースです。

2018年は特に災害が多かった年です。
こうした災害などが引き金となり回線が切断されたりすることがあります。
そのため通信が出来なくなったり遅くなったりすることがあります。

こうした問題は回線事業者に依頼をすればすぐに動いてくれます。
特に近隣で回線が切断されていることが明らかな場合はすぐに動いてくれます。
もし外で見かけたらすぐに回線事業者に連絡してください。

 

このようにユーザー側ではどのようにも対応できない理由で速度が低下することがあります。
私が今回、速度でプロバイダを選ぶのに意味がないといったのはここまで述べたことが理由です。

ユーザーの皆さんが契約する際に他のユーザーがどのくらいいるのかということは公表されません。
他のユーザーがどのくらい日々通信量を使っているのかも開示されません。

これはセキュリティ上の問題です。
悪意のある者からすればこうした情報からヒントにいくらでもプロバイダの邪魔をすることは出来ます。

もちろんこれから申込もうと考えているユーザーから利用者数の情報が開示されれば申込の材料として嬉しいところではあります。
しかし開示されれば他の人も見るわけですから空いているプロバイダに殺到するのは目に見えてます。
そう考えると利用者数の開示ってあまり意味がないのかなぁと個人的には思います。

今のところは利用者数の開示ということは無いでしょう。

 

プロバイダを選ぶ2つのポイント

今回コチラで紹介させていただくポイントというのはあくまで「速度不満がより少なくなる」という観点でご紹介します。

サポートが充実している

速度が低下で利用が出来なくなっている時はサポート窓口に連絡をすると思います。

その際にいかにスムーズに対応してくれるのか。
改善しない場合にどのような対応をしてくれるのか。

こうした点が非常に重要です。

しっかりとしたプロバイダであればきちんと対応してくれます。
まずは電話対応になります。

しかしそれでも改善しない場合は訪問工事の手配をしたり、料金を減額したりすることもあります。
場合によっては解約して別プロバイダを提案されることもあります。
その場合でも違約金免除という場合もあります。

ただし必ずこうした対応をしてくれるというわけではありません。
全てのプロバイダと言っても過言ありませんがベストエフォート契約をしているところばかりです。

速度低下と言っても通常利用できる範囲の速度低下であれば、期待するような対応は受けられないかもしれません。
それでもまずはサポートセンターに連絡してみましょう。

以下は主なプロバイダのサポートセンターの連絡先です。

 

各社プロバイダの連絡先

プロバイダ 連絡先
so-net 0120-80-7761
Softbak光 0800-111-2009
auひかり 0077-7076
ドコモ光 0120-800-000
OCN 0120-506-506
BIGLOBE 0120-68-0962
NURO光 0120-300-260
DMM 0120-660-482
コミュファ光 0120-218-919
eo光 0120-919-151
BBIQ 0120-986-016
GMOとくとくBB 0570-045-109
@nifty  0570-03-2210
J:COM 0120-999-000
@TCOM 0120-805633
ASAHIネット 0120-577-108(固定電話)/03-6631-0856(携帯電話)
plala 009192-33/0120-971391(光電話)/050-7560-0033(携帯電話)

解約金が安い

希望通りの速度が出ない場合は解約することあると思います。
まずは連絡して解除料の減免を請求してみますが、もし対応してもらえなかった場合でも解約する以外改善策がない場合もあります。

その場合に少しでも費用負担を無くすために予め解除料の安いところと契約しておくのも一つです。

 

今回の申込ポイントはあくまで速度不満を無くすという観点からの申込みのポイントです。
もちろんその他にも月額料金の安さやキャッシュバックの有無というのもプロバイダ選びのポイントです。

料金やキャッシュバックは事前に確認しておけば損することはありません。
しかし速度については解約金などの負担が出ることもあるので、損することもあり得ます。

 

私はプロバイダを選ぶときはサポート体制や違約金などから選択する方です。

人それぞれ重要視する点は異なりますが、一つ参考にしてみてください。

 

それではまた。

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.