光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

NURO光 光回線

NURO光とフレッツ回線の違いを比較した【都会住まいなら必読】

2019年6月28日

 

フレッツ光ってよく聞くけど一番いいのかなぁ

 

でもネットを見ると速度が遅いって聞くよ

 

となると、NURO光がいいのかなぁ・・・

 

確かに速度は速いって聞くもんね

 

でも開通まで時間がかかるって聞くんだよねぇ

 

結局どっちが良いんだろ???

 

 

『フレッツ光』と『NURO光』

 

誰もがよく聞く光サービスの一つですよね。

 

でもどっちを選んだらいいのか悩んでる方に今回は解説します。

 

色々な観点から比較するよ

 

 

 

月額料金を比較

 

・戸建てタイプならNURO光の方が安い

・マンションタイプなら基本はNURO光の方が安い

・ただしマンションタイプのプランによってはフレッツ光の方が安い

 

 

以下にNURO光とフレッツ光の料金をまとめてみました。

 

戸建てタイプの料金比較

【NURO光】
4743円

【フレッツ光 西】
4300円+プロバイダ料金

【フレッツ光 東】
4700円+プロバイダ料金

 

 

マンションタイプの料金比較

【NURO光】
4743円

【フレッツ光 西】
2850円~3950円+プロバイダ料金

【フレッツ光 東】
3050円~4050円+プロバイダ料金

 

一見するとフレッツ光の方が安いですが、フレッツ光は表記の料金とは別にプロバイダ料金が加算されます。

 

このプロバイダ料金事業者ごとに異なります。

 

大まかに言うとファミリータイプだと相場は1000円前後、マンションタイプだと相場は900円前後です。

 

となるとフレッツ光を利用するならファミリータイプだと相場は【5500円程度】、マンションタイプだと【3900~4900円程度】となります。

 

これを見ると明らかですね。

 

ファミリータイプはNURO光の方が安いです。

 

マンションタイプもNURO光の方が少し安いですがプランによってはフレッツ光の方が安くなります。

 

マンションタイプの【プラン】って何なの?

 

マンションタイプのプランとは?

プランとは同じ建物内で見込める契約者数のことです。

プランは『プラン1』『プラン2』『ミニ』というプランがあります。

『プラン1』は8契約以上見込める場合。

『プラン2』は16契約以上見込める場合。

『ミニ』は西は6契約以上、東は4契約以上見込める場合。

このように見込み契約者数によって料金体系が分かれています。

 

 

この料金体系は選べるの?

 

 

料金体系は選べないよ。

NTTで予め決められてるんだ。

基準は『見込み契約者数』によって決められてるんだよ。

 

 

そうなのぉ!そもそもどうして料金体系が違うの?

 

 

それは回線の導入費用の分散が理由だよ。

マンションタイプの回線って管理者がNTTと契約して回線を引き込むんだ。

その導入費用って言うのは実は契約者の月額料金に含まれてるんだよ。

入居者が多い物件だと支払ってくれる人も多いと見込めるから料金が安いんだ。

 

そうなんだぁ

 

そうなんだ。

もう一つの理由として速度遅延の可能性が高いということもあるんだ。

マンションタイプは入居者みんなで回線を分け合って使うから速度遅延の可能性が高いんだ。

同時間にみんなが一気に使いだすと急激に速度低下になることもあるんだよ。

その分ファミリータイプより安いとも言われてるよ。

 

 

 

契約期間を比較

・NURO光もフレッツ光も契約期間は2年間

・ただしプロバイダの契約期間は2年間とは限らない

 

契約期間はNURO光もフレッツ光も2年の更新期間が設定されています。

 

気をつけてほしいのはプロバイダの契約期間です。

 

プロバイダの契約期間は2年間のところもあれば契約期間が無いところもあります。

 

フレッツ光対応のプロバイダは沢山あります。

 

ここでは書ききれませんので以下にリンクを貼っています。

 

NTTのサイトに飛びますので直接確認してみてください。

 

 

 

オプションを比較

・NURO光はカスペルスキーと無線LANルーターが無料

・フレッツ光は無し

 

NURO光は無料でカスペルスキーと無線LANルーターが付いてきます。

 

カスペルスキーは5台まで設定が出来ます。

 

無線についてはスマホやパソコンでwi-fiの設定さえすればOKです。

 

残念ながらフレッツ光には無料オプションはありません。

 

無線ルーターを使うことはできますが、無線LANカードのレンタルが必要です。

 

 

無線LANカードは有料だよ

 

 

 

解約金を比較

・NURO光の解約金は9500円

・NTT東日本フレッツ光ファミリータイプの解約金は9500円

・NTT東日本フレッツ光マンションタイプの解約金は1500円

・NTT西日本フレッツ光ファミリータイプの解約金は10000円

・NTT西日本フレッツ光マンションタイプの解約金は7000円

 

契約期間は前述したとおり2年間です。

 

NTTは東西で解約金が異なります。

 

NURO光はファミリータイプでもマンションタイプでも同じ金額だよ

 

 

 

開通までの流れを比較

・NURO光は工事が2回行われる

・フレッツ光は工事が1回だけ

 

NURO光の開通工事は宅内工事と屋外工事の2回行われます。

 

おおむね工事完了するまで1~2ヶ月程度かかります。

 

フレッツ光は工事は1回だけです。

 

フレッツ光の工事も申込時期やエリアに影響しますが早ければ2~3週間で開通します。

 

残念ながら開通工事は予約制なので、住んでる地域、申込時期によって左右されるんだ。

2週間程度で開通する人もいれば、2ヶ月以上開通しない人もいるんだ。

 

 

接続方法を比較

・NURO光はLANケーブルを繋ぐだけでOK

・フレッツ光は接続設定が必要

 

NURO光については解説不要と思います。

 

専用のルーターと繋ぐだけで接続完了です。

 

wi-fiを使いたい場合は利用するパソコンやスマホでwi-fi設定するだけです。

 

フレッツ光の場合は接続設定が必要です。

 

・ONUしかなければ広帯域接続が必要

・ルーターがあればルーター内に設定が必要

 

広帯域接続とはパソコン内に設定することだよ

 

広帯域接続はパソコン1台しか接続できません。

 

有線接続しかできないのでスマホやタブレットは使えません。

 

パソコン2台以上で利用する場合やwi-fiを使う場合はwi-fiルーターを用意してください。

 

NTTでレンタルすることも出来ます。

 

・NTT西はホームゲートウェイレンタル350円/月

・NTT東はホームゲートウェイレンタル750円/月

 

電気量販店や通販など買うのもアリだよ

 

 

問い合わせ先を比較

・NURO光:0120-65-3810 受付時間 9:00~18:00

・NTT東西:0120-116-116 受付時間 9:00~17:00

 

NTTについては全ての内容において窓口は1本です。

 

NURO光の場合は内容によって窓口が変わるのでリンクを貼っておきます

 

 

フレッツ光+プロバイダをオススメするのはこんな人

・過去にフレッツ回線を利用していた人

・なるべく早く開通させたい人

・NURO光の提供エリア以外の人

 

過去にフレッツ光を利用していた場合、当時の光コンセントなどが残っている可能性が高いです。

 

そうなると無派遣工事で開通できる可能性が高いです。

 

無派遣工事であれば2週間後には開通できます。

 

2週間は絶対に必要なので注意してください。

 

またフレッツ光はNURO光に比べると開通までの期間が早いと思います。

 

これは前述した通り色々な要因によって変わるので絶対とは言えません。

 

それでもあくまで『どちらかと言うと』というレベルです。

 

最後のNURO光の提供エリア外であればフレッツ光以外選択肢は無いので仕方ないです。

 

 

NURO光をオススメするのはこんな人

・高速回線を利用したい人

・開通工事までの期間待てる人

・面倒な設定が苦手な人

 

NURO光の特徴と言えば最大速度2Gの高速回線です。

 

これはフレッツ光の2倍です。

 

インターネットに速度を求める人はNURO光オススメです。

 

また前述したとおりNURO光は2回工事が行われるので開通までの期間が長いです。

 

開通すれば高速回線が待ってます。

 

開通までの期間を気長に待てる人であればNURO光はオススメです。

 

設定について言えば、NURO光は専用ルーターを繋ぐとすぐにインターネットが使えます。

 

難しい設定作業はいらないので設定が苦手な人にはオススメですね。

 

 

それでも迷う人はこう考えればいいよ

どうしてもNURO光かフレッツ光か迷うという人には【フレッツ光】をオススメします。

 

フレッツ光はほぼすべての地域において設置可能です。

 

また後々光コラボに移行することも出来ます。

 

プロバイダの選択も豊富なので何かと柔軟な対応が可能です。

 

NURO光かフレッツ光で迷っている人はフレッツ光にしておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

・速度重視ならNURO光

・迷ったらフレッツ光がいいよ

 

ここまで比較したとおりどちらもそれぞれ特徴があり、求める内容によってオススメするサービスは異なります。

 

何を重視するかご自身で判断して決めてください。

 

どちらも良い光サービスです。

 

あなたの判断材料になれたら嬉しいです。

 

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-NURO光, 光回線
-, ,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.