光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

ソネット光プラスで無線ルーター/wi-fiルーターを接続しよう!

2018年11月12日

 

こんにちは。

インターネットをスマホやタブレットで使う時、複数台のパソコンで利用する時、無線で使うのは今や当たり前になっています。
今回はso-net光で無線ルーターを使う方法を説明します。

 

無線LANカードをレンタルして使う

so-net光電話を利用している方はNTTからルーターのレンタルが出来ます。
この場合、so-netに無線LANカードを希望すると月額100円でレンタルすることが出来ます。

後日無線LANカードが郵送されてきます。
届いた無線LANカードをルーターの上部に差込口があるので挿し込んでください。
するとwi-fiで利用することが出来るようになります。

 

ギガラインを利用の方は品目変更が必須

NTT東エリアでギガライン回線を利用している方は、so-net光電話を利用していても無線LANカードの申込は出来ません。

ギガライン回線を利用している方は回線の変更が必要になります。
so-netではこの回線変更のことを品目変更と言います。

具体的にはギガラインからギガスマートに品目変更が必要になります。
品目変更には工事費が発生します。
ギガラインからギガスマートへの工事費は2000円です。

工事と言っても訪問工事はありません。
では何が違うのでしょうか。

ギガラインとギガスマートの違いは、1G対応無線LANルーターが有るか無いかの違いです。

ギガスーマトに変更すると月額料金が300円上がります。
これは1G対応無線LANルーターのレンタル料に当たります。

NTT東エリアでギガラインを利用中の方が無線LANを利用すると少し手間がかかりますのでご注意ください。

 

v6プラス対応ルーターをレンタルする

v6プラスに申込をしている場合、v6プラス対応ルーターをレンタルできます。
途中申込の場合、利用開始月とその翌月は無料で利用できます。

月額料金は400円です。
またv6プラス対応ルーターを申込む場合、支払方法の登録が必須となります。

必ず口座引落かクレジットカード払いの登録をしてください。
登録をしていない場合はv6プラス対応ルーターが発送されません。

 

wi-fiルーターを購入する

ルーターのレンタル料が嫌だという方はwi-fiルーターを購入することをおススメします。
量販店には色んな種類のwi-fiルーターを置いています。

購入した場合は購入費だけでso-netからレンタル料や使用料などは一切発生しません。

購入費だけでwi-fiが使えるので長い目で見れば購入した方が全然お得です。

また将来的にso-net光を解約したとしてもwi-fiルーターは手元に残りますので、改めて用意する必要もなく、継続して利用が出来ます。

しいてデメリットを探すなら市販のwi-fiルーターについてはso-netでは対応していないため、設定や故障の際には一切対応してもらえません。

こうした場合はwi-fiルーターのメーカーにお問い合わせください。

 

wi-fiルーターってどうやって選べばいいのか

wi-fiルーターを選ぶ基準としては色々な要素があります。その中の一つとしてルーターの通信規格です。
量販店で並んでいるwi-fiルーター箱の裏には、

「11ac、11n、11a、11g、11b」

なんて記載がないですか?
これが通信規格というものです。

「通信規格」というのは何かというと、使用する周波数帯や最大通信速度のことです。

この通信規格がどう関係するのかというと、あなたが利用している機器との相性に関係します。
利用しているパソコンやスマホがどの通信規格に対応しているか確認する必要があります。

例えばPlayStation4は2016年12月以降に販売されている機種は11acに対応していますが、それより古いものは11acに対応していません。

任天堂の3DSは11bと11gにしか対応していません。

このように利用機器によって対応する通信規格は異なります。

 

まぁ面倒な場合は 全ての通信規格を満たしているものを買えば問題ありません(笑)
最近のものは大抵全ての通信規格に対応しているものが多いので中古ではなくて新品で購入することをおすすめします。

 

次に値段ですが、wi-fiルーターの値段は大きく幅があります。
その理由の一つはアンテナの数や伝送速度(データを送る速度)で変わってきます。

アンテナは多ければその分伝送速度が高くなります。
安いものはアンテナが1~2本、高いものになると3、4本と備えています。

「伝送速度」とは1秒間にどれだけのデータを送れるかという単位です。

また、値段の高いwi-fiルーターはアンテナの性能が高く特定のパソコンやスマホを狙い撃ちするように電波を飛ばすことが出来ます。

 

おすすめwi-fiルーター

 

バッファロー AirStation WCR-1166DS [WLAN親機 11ac/n/a/g/b 866 300Mb Qrsetup]

価格:4,257円
(2018/12/6 01:35時点)

こちらの機種がおすすめなのは値段も手ごろで、形もシンプルです。
またコンパクトで場所も取りません。
何より私が使っているのでおすすめです(笑)

 

 

「楽天1位」1300Mbps 450Mbps無線LANルーター 11ac対応 全ポートギガビットTP-Link Archer C7無線LANルータ親機 WIFIルーター (2018年日本最新版)

価格:8,500円
(2018/12/6 01:42時点)
感想(251件)

こちらはお値段は少し高めですが、伝送速度は抜群です。
オンラインゲームをする方にはおすすめの機種です。
見た目で分かると思いますがアンテナが多いですよね。
一度に利用する機種が多い場合やご家族が多い場合にはこのくらいのルーターの方が良いと思います。

 

今回はso-net光でwi-fiを利用する場合には今回紹介した4つの方法があります。
個人的には購入することをおすすめします。

設定方法は説明書やメーカーで相談できますし、何といっても将来的にソネット光を解約したとしても利用することが出来ます。

購入するにしても5000円以下でも性能の良いものを購入することが出来ます。

無線LANカードレンタルすれば1年間で1200円かかります。

3年レンタルすれば3600円ですから、同じ程度の金額で無線LANルーターを購入することは可能です。

so-netでwi-fiルーターのサポートが受けられないというだけなので、それほど悪影響はないでしょう。

wi-fiだとケーブルなどでゴチャゴチャすることもないのでデスク回りがスッキリします。

wi-fi利用したことないという方はこれを機にご検討してみるのも良いと思いますよ。

ではまた。

 

【ソネット光プラス希望者】超お得キャンペーン窓口の紹介【限定】

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.