光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

NURO光はなぜ速いのか?その理由を解説します

 

こんにちは、たいぞうです。

最大通信速度2Gbpsを謳うNURO光。

フレッツ光やauひかりが軒並み1Gbpsの最大通信速度ですが、NURO光はその倍速を誇ります。

なぜNURO光は最大通信速度2Gbpsに到達することができたのでしょうか。

今回はNURO光がなぜここまで速くなったのか、その理由を解説したいと思います。

 

その1 ダークファイバーの活用

まず一つ目の理由はNURO光がダークファイバーという回線を使っているからです。

ダークファイバーとはNTTが抱えている利用していない回線のことをいいます。

現在国内にある回線の多くはNTTが設置しています。

しかし地域によってはNTTが利用していない回線が残っています。

なぜ使いもしない回線が設置されているのか?と疑問に思う方もいることでしょう。

 

NTTは回線を引き込むにあたり、その地域に申込者が出てから回線を設置するのではありません。

事前に回線の設置だけはしており申し込みが入れば、外の回線から家の中まで回線を引き込みます。

そうしないと回線の設置にはとてつもなく時間がかかり、申し込みが入ってからでは1ヶ月どころではなく半年以上開通まで待たせてしまうからです。

そんなに時間がかかるサービスを誰が申し込みするでしょうか。

とても非効率的なので事前に回線を設置しておくわけです。

 

もちろんこの地域でどれぐらいの人が回線を使うかという予測はある程度立てて回線の設置を行います。

しかしいつも予測通りに回線が利用されるわけではあません。

やはり使われない回線というのが出てきます。

その使われていない回線のことをダークファイバーといいます。

つまりNURO光は誰も使っていない回線を利用するので、回線が混雑するということを避けることができるのです。

 

その2 GPONの採用

二つ目の理由としてNURO光が採用している【GPON(Gigabit Passive Optical Network)】という通信規格にあります。

GPONとは一本の回線を複数の加入者で共有する通信方式の技術です。

GPONは主にヨーロッパやアメリカなど世界でよく使われている通信方式です。

 

日本でナンバーワンのシェアを誇るNTTはGE-PON(Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)という通信方式を採用しています。

GPONもGE-PONも一本の光ファイバーを複数のユーザーで利用するという点においては変わりはありません。

違いは利用する設備にあります。

 

すごく噛み砕いて言うとGPONというのはデータを小さく分割して通信を行うと言う方式です。

これに対しNTTが使っているGE-PONというのは有線LANの規格であるイーサネットの信号をそのまま使う方式とお考えください。

両者は一本の光ファイバーを複数で利用するという点については同じですがその通信規格についてこのような違いがあります。

 

NTTが使うGE-PONは有線LANの規格と同じといいましたが、これは一般家庭で使う通信方式と同じものです。

そのため設備が安くシステムが単純なため日本国内のインターネットはGE-PONが主流になってきました。

これに対しNURO光が採用するGPONは独特な通信方式のため設備の構築に莫大な費用がかかります。

そのため日本国内でGPONはこれまで流行しませんでした。

しかしNURO光がインターネット業界に出始めたには海外ではGPONは主流になっており、その設備の導入を安くすることができたことが NURO光の高速通信をできるようになった要因となっています。

GE-PONとは全く設備が異なるためNTTが今からGPONを導入するとなると一から設備構築の必要があり、その費用は莫大となるため切り替わることは当面は考えられません。

 

その3 NURO光独自のルーター

またNURO光が2Gbpsという高速通信ができる理由としてもう一つはそのルーターにあります 。

通常のルーターでは最大1Gbpsが限度ですが、メーカーとの共同開発による2Gbpsの最大速度を出せるまでに至りました。

こうした技術者の努力によってNURO光は最大2Gbpsという高速通信を成功させたのです。

 

ではこれだけ高額な設備を導入したにも関わらずNURO光の料金が安く抑えられているのはなぜでしょうか。

それは前述したダークファイバーを利用している点にあります。

NTTが使っていないダークファイバーを使うことで回線料金は安く抑えることができます。

そのためNURO光はGPONという高品質な通信規格を採用しているにもかかわらず、これだけ安価な月額料金で利用ができるのです。

 

まとめ

NURO光が高速通信を出来るようになった理由は、NTTなどの主流なインターネットサービスより遅れてインターネット業界に参入したこと。

そしてソニーの技術者の努力によるものといえます。

他社の光サービスがNURO光と同じ設備を構築することは現実的には難しく、2Gbpsを誇るサービスは当面はNURO光の一強といえるでしょう。

ソニーの技術者の努力が詰まったNURO光。

利用する価値は十分ありますよ。

 

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.