光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

モバイル

格安スマホの11社を比較調査してみた【格安スマホに乗り換えます】

2019年12月8日

 

こんにちは、たいぞうです。

今回は格安スマホ11社の比較をしていきたいと思います。

実は私が2020年の2月に今のスマホ契約が更新月を迎えます。

それに合わせて格安スマホに切り換えようと考えています。

そこで私なりに格安スマホの調査を行いました。

せっかくの機会なので、もし近々格安スマホに切り換えようと考えている人も一緒に勉強してみましょう!

 

 

私のスマホ選びでこだわる7つ要素

まず私が今回の格安スマホ選びでこだわる点は以下の7つの要素です。

1.機種メーカーはSONY・富士通・ASUS

2.画面は大きい方がイイ

3.電話はほとんど使わない

4.ゲームアプリの利用が多い

5.動画をよく観る

6.OSはAndroid

7.口座振替が可能

 

1.機種メーカーはSONY・富士通・ASUS

私はずっと携帯電話の時代からSONYと富士通を使ってきたのでこの2つは候補に入れようと思います。

それと合わせて今回はASUSスマホも検討したいと思います。

理由はネット上での評判が良かったのと台湾メーカーに少し興味があることです。

 

2年ほど前に購入したパソコンも台湾メーカーmsiを使っているんですがこれがなかなか使いやすい。

正直パソコンの性能については無知に近いので具体的な良さを伝えることは出来ないですが何となく好き!

それで台湾メーカーに興味がわいてきたため今回は同じ台湾のメーカーということでASUSも検討したいと思います。

 

2.画面は大きい方がイイ

これはスマホの用途が主に動画を観たりやテキストを読んだり、後はゲームをすることが多いというのが理由です。

 

3.電話はほとんど使わない

通話はほとんどしないので今回は通話料低めのプランで探していきます。

 

4.ゲームアプリの利用が多い

ゲームはよくするのでバッテリーの持ちは気にしたいと思います。

 

5.動画をよく観る

外出中はそれほど観ないのですが家でよくYouTubeをスマホで観てます。

なので通信量はそれほど多くなくてもいいかなぁと考えています。

ちなみに現在は2GBで足りているくらいです。

 

6.OSはAndroid

これはパソコンがwindowなのでスマホはAndroidの方が何かと便利です。

googleドライブとか連携できるので仕事がしやすいです。

 

7.口座振替が可能

これはただ単に私がクレジットカード持ってないからです。

後で記載していますが、ほとんどの格安スマホ事業者がクレジットカード対応です。

口座振替対応はほとんどありません。

 

 

選択する格安スマホ11社

今回調査する格安スマホ事業者は以下の11社です。

 

【ピックアップ】格安スマホ11社

・UQ mobile

・iijmio

・楽天モバイル

・NUROモバイル

・QTmobile

・OCNモバイル

・LINEモバイル

・イオンモバイル

・NifMo

・mineo

・ワイモバイル

私でも聞いたことある11社ですからそれなりに有名だと思います。

今回はこの11社で比較調査を行っていきます。

 

 

月額料金を比較してみよう

一番気になる点と言えばやっぱり料金ですね。

私も格安スマホに乗り換える一番の理由は料金を抑えたいからです。

一概に料金の比較といっても用途によって月額料金は変ります。

ちなみに私の用途でいうと、

・通話はほとんどしない(月に10分程度)

・通信量は2GBで足りるが余裕をもって3~5GBで検討

といった感じです。

 

ちなみに現在auスマホを利用していますが、上記の内容で月額料金を計算するとこのようになりました。

私の使い方で5480円です。

やっぱりちょっと高いかなぁって気がしますね。

光電話なら月額500円とちょっとの通話料しか使わないのに5480円。

2GB程度しか使わないのに固定回線とほぼ同額の5480円。

 

こりゃ高い!

ってことで自分に合った条件で11社の月額料金をまとめてみます。

 

UQ mobile IIJmio 楽天モバイル NUROモバイル QTmobile OCNモバイル LINEモバイル イオンモバイル NifMo mineo ワイモバイル
1980円 1600円 1480円 1400円 1550円 1480円 1690円 1580円 1600円 1600円 1480円
3GB 3GB 2GB 2GB 3GB 3GB 3GB 4GB 3GB 3GB 4GB

 

ちょっと待て!

何じゃこの安さ!Σ( ̄ロ ̄lll)

こんなに安くなるの?

全然キャリアの料金と違いますね。

 

上記の表は通信量2~4GBで選んでいます。

とはいえどれもさほど大きな差はありません。

これだけ安くなれば十分です。

 

 

選ぶ機種とその代金

11社が2019年12月時点で提供している機種の中で私が狙ってる機種を選んでいきます。

 

UQ mobile IIJmio 楽天モバイル NUROモバイル QTmobile OCNモバイル
Xperia 8 ZenFone 6 (6GB) Zenfone 6(ZS630KL) ASUS ROG Phone 2 512GB
Xperia 8 ZenFone 6 arrows RX Xepria Ace Zenfone 6 ROG Phone 2
24回払い 24回払い 24回払い 24回払い 24回払い 1回払いのみ
1485円/月 2750円/月 908円/月 1700円/月 2700円/月 分割無し
(総額35640円) (総額64800円) (総額19819円) (総額38280円) (総額64800円) (総額82800円)
6.0インチ 6.4インチ 5.8インチ 5.0インチ 6.4インチ 6.59インチ
LINEモバイル イオンモバイル NifMo mineo ワイモバイル
ブラック ASUS ZenFone 6(RAM 6GB / ROM 128GB) 電動駆動のフリップカメラで新しい撮影体験  
arrows M04 ZenFone MAX Pro ZenFone 6 ZenFone 6 Xperia 8
24回払い 24回払い 24回払い 24回払い 24回払い
1000円/月 1595円/月 2819円/月 2800円/月 1650円/月
(総額22800円) (総額34800円) (総額68889円) (総額67200円) (総額39600円)
5.0インチ 6.3インチ 6.4インチ 6.4インチ 6.0インチ

 

こうしてまとめてみての感想としては以下のような感じです。

・arrowsは機種代金が安いが画面が小さい

・ZenFoneは画面は大きいが機種代金が高い

・Xperiaは機種代金も画面の大きさもarrowsとZenFoneの間

・OCNモバイルのみ分割が出来ない

 

こうして比較すると分かりやすいですね。

月額料金だけ見るとarrowsが良いかなぁと感じます。

ただ用途を考えるとちょっと画面が小さいですね。

間を取ってXperiaかなぁ・・・と心が揺れています。

 

 

支払方法の比較

登録可能な支払方法を見ていきましょう。

 

UQ mobile IIJmio 楽天モバイル NUROモバイル QTmobile OCNモバイル LINEモバイル イオンモバイル NifMo mineo ワイモバイル
クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット クレジット
口座振替 - 口座振替 - - 口座振替 - - - - 口座振替

 

やっぱりクレジットカード支払いがほとんどですね。

口座振替が可能なのは、

・UQ mobile

・楽天モバイル

・OCNモバイル

・ワイモバイル

の4社のみです。

私はクレジットカード持たない派なので口座振替の4社で選ぼうと思います。

 

 

機種代金と月額料金の合計比較

では月々支払う月額料金と機種代金の合計を比較してみましょう。

 

UQ mobile IIJmio 楽天モバイル NUROモバイル QTmobile OCNモバイル LINEモバイル イオンモバイル NifMo mineo ワイモバイル
1980円 1600円 1480円 1400円 1550円 1480円 1690円 1580円 1600円 1600円 1480円
1485円 2750円 908円 1700円 2700円 82800円 1000円 1595円 2819円 2800円 1650円
3465円 4350円 2388円 3100円 4250円 84280円 2690円 3175円 4419円 4400円 3130円

 

表を見た感想をまとめると、

・2000円台は楽天モバイル、LINEモバイル

・3000円台はUQ mobile、NUROモバイル、イオンモバイル、ワイモバイル

・4000円台はIIJmio、QTmobile、NifMo、mineo

・OCNモバイルは機種代金一括なので初月は高額

といった感想です。

OCNモバイルは別として月々高くても4000円台。

私の場合、今回は料金重視なので2000~3000円台にはしたいと思います。

 

 

【結論】私が乗り換えを決めた格安スマホは・・・

最後にもう一度、私が今回の格安スマホ選びで重視する点をまとめると、

・月額料金が安い

・スマホ画面が大きい

・口座振替が可能

・OSはAndroid

・メーカーはSONY・富士通・ASUSの3社

 

この条件で絞ると以下の3社ですね。

①楽天モバイル

②ワイモバイル

③UQ mobile

 

OCNモバイルは悪くないけど機器代金が一括なのはキツイなぁ。

そういう理由で今回は候補から外させていただきました。

悪いサービスではないので一括払いでサクッと支払いたい!

という方はOCNモバイルは全然オススメですよ。

 

ではこの3社でもう少し絞りますと、ワイモバイルさんも今回は外させていただきます。

理由は電波環境です。

これは私の生活圏の問題なのですが、auやSoftbankの電波が入りにくいエリアなんです。

ってことでdocomo回線が使える2社に絞ります。

 

で、料金が安いのは楽天モバイル。

今回の調査では楽天モバイルに切り換えようかと思います。

 

でもまだまだ調べることはあります。

今回は各事業者が行ってるキャンペーンは見てないのでまた更新月が近づいてきたら調べてみようと思います。

とりあえず現時点では楽天モバイルに乗り換えようかと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-モバイル
-,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.