光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

ソネット光プラスを法人契約で使いたい!【個人との違いを比較】

2019年12月1日

 

こんにちは、たいぞうです。

今回はソネット光プラスを法人契約で使うために知っておきたいことや個人契約との違いまで解説します。

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

法人契約で使うソネット光プラスは何が違うの?

ソネット光プラス 法人 個人
料金 戸建てタイプ:5580円
マンションタイプ:4480円
戸建てタイプ:5580円
マンションタイプ:4480円
支払い方法 クレカ・口振・銀行振込ほか クレカ・口振ほか
品質(速度) 最大1G 最大1G
利用可能なオプション 個人に同じ 法人に同じ
複数メールアドレス プラスメールアドレスほか ファミリーパックほか
登録確認 代表者・従業員 本人・家族

 

料金

利用料金については個人区分も法人区分も相違はありません。

 

支払い方法

法人区分と個人区分の支払方法で違うのは法人は銀行振込が使えるという点です。

銀行振込はセディナから請求がきます。

支払い方法未登録の状態でso-netからコンビニ請求書が来るものとは内容が異なります。

請求はあくまでセディナから来るのできちんとした支払方法の1つになるので、未登録扱いはされません。

 

クレジットカード登録については代表者名義もしくは会社名義のみ利用が可能です。

口座名義についても同じで代表者名義または会社名義の口座のみ登録が可能となっています。

口座名義においては書面で申請をするようになりますが、気をつけていただきたいのが銀行に登録した際の登録内容と相違があると銀行からNGが出されてしまいます。

これは通帳に記載されている表記とは別のものになります。

 

例えば、

通帳の表記『○○商事 株式会社』とします。

しかし通帳を作成した時の申請は『○○商事 株式会社 代表 プロエラ』でした。

この場合『代表 プロエラ』まで記載をしないと銀行からNGが出て受付してもらえません。

あくまで口座を作る時に登録した法人名義・代表者名義といった正確な情報が必要になるので、情報に相違があったり不明点がある場合は必ず銀行に確認をしてください。

 

品質(速度)

回線品質については個人区分も法人区分も何ら変わりありません。

 

利用可能なオプション

法人限定のオプションというのは特にありません。

しいて言うと固定IPの数です。

固定IPの申込める数が法人と個人では異なります。

法人は16個まで、個人は1個だけです。

 

複数メールアドレス

法人区分の契約は複数のメールアドレスを持つことができます。

ただし個人区分と違う点としては契約のないファミリー会員の登録が出来ない点です。

そのためメールアドレスを1つ追加するにしても料金がかかるという点です。

使えるメールサービスについてはいくつかあります。

代表的なものとしては以下の通りです。

 

・プラスメールアドレスサービス

・Access Mailbox

・プラスドメインメールアドレス

・レンタルサーバーHS

 

複数のアドレスを使う場合は費用面で考えればレンタルサーバーHSがお得です。

  料金 メールアドレスの数 メールBOXの分別
プラスメールアドレスサービス 100円 最大10個 ×
Access Mailbox 手数料500円
1アドレス月額300円
最大10個
プラスドメインメールアドレス 1アドレス月額300円 最大10個 ×
レンタルサーバーHS 900円~ 無限

レンタルサーバーHSは900円でメールアドレスが無限に作れます。

3つ以上メールアドレスを用意したいならレンタルサーバーHSを申込む方がいいでしょう。

 

登録確認

so-netに連絡をした時に個人区分の契約と法人区分の契約窓口は異なります。

電話をした時に必ず本人性確認をされますが、個人区分と法人区分の確認事項は異なりますます。

法人区分の場合は会社の代表者もしくは従業員からの連絡が必要です。

必要な情報としてはお客様番号とユーザー ID の2つがあれば確認は取れます。

 

ここで気をつけていただきたいのが代表者の家族からの電話では受付されないということです。

あくまで代表者または従業員からしか受け付けされないので、会社の経営に関わりのない代表者の家族から電話があったとしても受付はされないのでご注意ください。

参考までに個人区分の場合は契約者本人が家族からの電話が必要になります。

 

 

 

ソネット光プラスに法人として申し込みたい

ソネット光プラスに申込むには、

・web(公式サイト)からの申込み

・電話での申し込み

2通りになります。

web(公式サイト)からの申込みはコチラから

 

電話での申し込みの場合は、

0120-982-469

平日9:00~18:00

に連絡してください。

 

なおキャンペーン内容は月ごとに変わりますが2019年12月時点では個人のキャンペーンと同じです。

webでも電話でもキャンペーンは適用されるので安心してください。

 

 

ソネット光プラスの事業譲渡の手続き

法人契約の方は事業譲渡をするケースが発生するとこともあります。

手続きについては書面で手続きが可能です。

上記の通りに進めば簡単にプリントができるようになっています。

必要事項を記入の上FAXもしくは郵送で送付してください。

また気をつけていただきち点としては事業譲渡が完了するまではあくまで譲渡前の法人が契約者となります。

そのため事業譲渡の質問などで新たな法人からso-netに電話しても対応はされません。

譲渡完了して初めて契約者になるのでそれまではso-net契約の第三者となります。

それまでは譲渡先の法人が電話をしても相手にはされませんのでご注意してください。

必要がある場合は必ず譲渡前の法人から連絡するように手配しましょう。

 

 

別の店舗や事業所でもソネット光プラスを使いたい!

ソネット光プラスを別の店舗や事業所でも使う場合は追加IDを申し込むことで利用することができます。

追加IDとは簡単に言うと本契約の下に子契約を追加するようなものです。

この追加IDはいくつでも追加することができます。

店舗が複数増えても事業所が沢山できても、いくつでも追加することができるのでわざわざ改めて新規の契約をする必要ありません。

もちろん新規の契約をすることもできますが、追加IDを申し込んだ方が支払い方法も1つにまとめることができるので面倒な手続きが不要です。

また新規契約で契約数を増やしていくと登録確認をする時に1つ1つのIDでわざわざログインし直す必要があるので面倒です。

サポート窓口に電話をしてもそれぞれ別契約扱いをされるので確認までに時間がかかります。

追加IDにしておけば本契約を確認するだけで追加IDの契約も全て確認ができるので、複数の店舗や事業所で使う場合は追加IDに申し込みをしましょう。

料金的にも全く変わりませんのでこちらの方がオススメです。

 

追加IDでの申し込みはマイページから可能です。

 

 

最後に

今回はソネット光プラスを法人契約で使うために知っておきたいことや個人契約との違いについて解説いたしました。

実はso-netには今回紹介した以外にも法人向けの契約があります。

例えばソリューションサービスbit-driveNURO Bizです。

今回紹介した法人向けのソネット光プラスとの違いは簡単に説明するとホームページの作成やセキュリティ対策・帯域保証といったより取り見取りのサポートが付いています。

しかしその分金額はかなりの高額です。

気になる方はリンクから直接確認してください。

 

では今回はこの辺で。

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

【ソネット光プラス希望者向け】限定キャンペーン窓口4つを紹介

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

-光回線
-,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.