光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

【ソネット光プラス】とはどんなサービス?初心者向けに解説してみた

2019年11月13日

 

こんにちは、たいぞうです。

いきなりですがソネット光プラスってインターネットのサービスをご存知ですか?

インターネットの契約を既にしている方はご存知かと思います。

しかしまだインターネットの契約をしたことない方にとっては馴染みのない名前かもしれませんね。

ソネット光プラスってどんなサービスなの?
他の光コラボと比べるとソネット光プラス良いのかぁ?
ソネット光プラスは他のプロバイダと何が違うの?

こんな疑問をお持ちのあなたに今回は「ソネット光プラスとはどんなサービスなのか」をお話ししたいと思います。

 

ソネット光プラスとはそもそもどんなサービスなの?

ソネット光プラスとはso-netがNTTからフレッツ回線の卸提供を受けて、プロバイダと光回線をセットにして提供している光コラボレーションサービスです。

プロバイダと回線が一本化されることにより、従来のso-net光withフレッツよりも約1000円割安で提供できるようになりました(一般的な料金の話で割引キャンペーンの場合は別)。

またソネット光プラスの問い合わせ窓口や料金請求もso-netで一本化されるので手続きの煩わしさが少なくなりました。

 

光コラボとは簡単にいうと、NTTが自分たちが持ってる光回線を色々な事業者に貸すサービスのことだよ。

 

NTTから光回線を借りた事業社は自社サービスとセットにして独自のサービスを提供するんだ。

 

例えばdocomoやSoftbankは携帯電話とセット割引で売り出しているよね。

 

でも光コラボってプロバイダだけじゃないんだ。その数は相当に多いんだよ。気になったら下記に一覧表を置いてるので覗いてみてね。

 

 

ソネット光プラスにすることの3つのデメリット

ソネット光プラスに契約することは良い点ばかりではありません。

特定の状況下ではソネット光プラスに切り換えることでユーザーにデメリットになります。

3つのデメリット

・窓口が一本化されること

・契約期間が36ヶ月と長すぎる

・解約金が20000円と高すぎる

 

デメリット1 窓口が一本化されること

は?さっき窓口が一本化されて良いっていったじゃん。

ただ窓口が一本化されることで困ることもあります。

例えば回線のトラブルが発生した時を考えてみてください。

これまでは回線トラブルが生じた時はユーザーから直接NTTに連絡をしていました。

しかしソネット光プラスにした場合、so-netが窓口なのでユーザーは回線のトラブルについてもso-netに連絡します。

しかしso-netは回線の卸提供を受けてるだけなので回線トラブルの解決は出来ません。

そのためユーザーに代わってso-netがNTTに連絡をして回線トラブルの対応を依頼する必要があります。

ここでso-netが間にワンクッション入るので解決までの時間がかかるという点が難点です。

困ってる時は早く対応してほしいから、ちょっと嫌だよねぇ

とはいっても窓口が一本化されることで手続きが簡素化されるというメリットもあるんです。

この点についてはこの後のソネット光プラスのメリット編で記述しています。

 

デメリット2 契約期間が36ヶ月と長すぎる

36ヶ月の契約期間って長すぎるでしょ!?

3年間の縛りですからね。

スマホなんて契約期間の縛りを無くそう!って動いているこの時代に未だに3年間の縛りはキツいですね。

最近はenひかりのように契約期間のない格安の光コラボも出てきたので、長期の契約期間は改善すべきですね。

 

デメリット3 解約金が20000円と高すぎる

いや20000円の解約金は高いよぉ。

 

例えばソフトバンク光の解約金は2年契約で9500円、5年契約で15000円。

ドコモ光の解約金は2年契約で13000円。

OCN光は2年契約で11000円。

enひかりは契約期間がないので解約金も無し。

こうして比較してみてもソネット光プラスの解約金20000円が際立って高いのが分かると思います。

正直ソネット光プラスを契約するなら更新月の3年目までは使い切る気持ちじゃないとおすすめ出来ないです。

 

『ソネット光プラスを契約するなら長期契約を』

って覚えておいてくださいね。

と、このようにソネット光プラスにもデメリットはあるんです。全ての人にオススメの光サービスなんて無いですから。

 

ソネット光プラスの申込はコチラ

 

【オススメ】ソネット光プラスの9つの特徴

とはいえソネット光プラスにはお得なポイントが沢山ありますよぉ。

①セット料金で月額料金が安くなる

ソネット光プラスはプロバイダと回線が一本化されることにより通常のフレッツ光よりも料金が安くなります。

以下の表を見ていただくとその料金の違いが分かると思います。

  戸建てタイプ マンションタイプ
ソネット光プラス 5580円 4480円
フレッツ光 東 5400円+プロバイダ料 3050~4050円+プロバイダ料
フレッツ光 西 5940円+プロバイダ料 3520~4950円+プロバイダ料

これは基本金額ですので割引が入った時の金額はまた変わります。

プロバイダ料金は一般的に戸建てタイプで1200円程度、マンションタイプで1000円弱が相場です。

ソネット光プラスはフレッツ光の回線料金のみと同じ程度の金額なのでソネット光プラスの方が安くなるのは明らかですね。

ソネット光プラスにするとどのくらい安くなるのかもっと詳しく知りたい。

 

では次に競合している他社の光コラボと比較してみましょう!

プロバイダ 戸建て マンション
ソネット光プラス 5580円 4480円
ソフトバンク光 5200円 3800円
ドコモ光 5200円 4000円
OCN光 5100円 3600円

こうして比較してみるとソネット光プラスの月額料金は高いですよね。

しかしこれには理由があります。

それはソネット光プラスにはS-SAFEという高性能なセキュリティソフトが標準オプションとして含まれているからです

 

先ほど示した他社の月額料金にはセキュリティソフトは付いていません。

純粋にインターネットの料金だけです。

そう考えるとソネット光プラスの料金は高くはなく、むしろお得と言えます。

じゃぁ他社の光コラボにもセキュリティソフトを追加するといくらになるのかな?

プロバイダ 戸建て マンション
ソネット光プラス 5580円 4480円
ソフトバンク光 5780円 4380円
ドコモ光 5550円 4350円
OCN光 5670円 4170円

いかがでしょうか。

こうして見るとそれほど高くはないでしょ?

確かにセキュリティソフト含めると安いね。でもセキュリティソフト質が問題だね。

 

②セキュリティソフトが無料で有能

ソネット光プラスの契約をするとS-SAFEというセキュリティソフトが無料で利用出来ます。

このS-SAFEは多くのプロバイダが提供しているセキュリティソフトの中でもかなり品質が高いものです。

他社のセキュリティソフトと比較してみてみましょう。

プロバイダ セキュリティソフト
ソネット光プラス エフセキュア
ソフトバンク光 ノートン
ドコモ光 トレンドマイクロ
OCN光 トレンドマイクロ

どれも有名なセキュリティソフトですね。

でもその使える性能に大きな違いがあります。

それがコチラ。

プロバイダ セキュリティソフト 台数 対応OS
ソネット光プラス エフセキュア 7台 win,Mac,Android,ios
ソフトバンク光 ノートン 3台 win,Mac,Android
ドコモ光 トレンドマイクロ 3台 win,Mac
OCN光 トレンドマイクロ 3台 win,Mac,Android,ios

設定可能な台数は他社の倍以上の7台。

対応OSも網羅しており、パソコン、タブレット、スマホすべてに設定可能です。

これだけ高性能なS-SAFEがついての月額料金と考えてみてください。

確かにS-SAFEの性能はイイね。家で使うパソコンだけでなく家族のスマホにも設定できるから便利だね。

ソネット光プラスのS-SAFEってどんな性能しているのかもっと教えて。

 

③料金が一本化される

ソネット光プラスに契約することで光回線とプロバイダをセット料金で請求がされます。

また光電話やひかりTVの契約をしている場合も合わせてso-netから請求されるようになります。

ただしこれまでNTTで一本化して請求されてた人はそのままNTTからの請求を継続できます。

NTTファイナンスからの請求でまとめることが出来るよ。

 

ソネット光プラスの申込はコチラ

 

④窓口が一本化される

先ほどのデメリットの部分の逆になりますが窓口が一本化されるということはオススメできる点でもあります。

インターネットの初心者の方はどの窓口に電話をすればいいのか分かりにくいと思います。

しかしソネット光プラスの場合は迷うことなくso-netに連絡すれば対応してくれるので迷う心配がありません。

困ったことがあればまずはso-netに連絡をしましょう。

個別にNTTのオプションの契約をしている場合はNTTじゃないと対応してくれないから気をつけてね。

so-netへの連絡ってどこにすればいいの?

 

⑤いくつかのオプションが1年間無料で使える

ソネット光プラスを契約することで以下のオプションが1年間無料で利用出来ます。

ある程度インターネットに慣れている人は不要なオプションですので解約しても問題はありません。

しかしインターネット初心者の方からするとこれらのサポートサービスはとても使いやすいです。

特に安心サポートはおすすめです。

ソネット光プラスが初めてのインターネット契約という場合はしばらくは残しておくといいでしょう。

1年間無料なので慌てて解約する必要はありません。

初期設定がきちんと終わってから解約するようにしましょう。

安心サポートってどんなサービスなの?

 

⑥プロバイダと回線の契約期間がズレることがない

so-net光withフレッツの場合、NTTとso-netの契約の更新月がズレるということがありました。

これはNTTの開通工事が遅れる時によくある事象です。

NTT側で開通工事が数ヶ月遅れた場合、先にso-netの契約が始まります。

するとNTTの契約のスタート時期がso-netの契約開始時期より遅れるので、2年後の更新時期がズレるのです。

そのためso-netの更新月に合わせるとNTTの解約金が発生し、NTTの更新月に合わせるとso-netの解約金が出るというトラブルがありました。

ソネット光プラスにすれば回線もプロバイダもセットになるので、こうしたズレが生じることは絶対ないよ。

解約する時の費用ってどのくらいかかるんだろう?

 

ソネット光プラスの申込はコチラ

 

⑦ソネット光プラスを解約しても別のサービスに切り替え易い

これは他のプロバイダにはないso-net独自のメリットといえるでしょう。

so-netはソネット光プラスだけでなくauひかりやコミュファ光、そして高速インターネットNURO光に対応しています。

またモバイルサービスのWiMAX2+にも対応しています。

そのためソネット光プラスを解約してもIDやPW、メールアドレスを変更することなく他のサービスに切り替えることができます。

もちろん工事費や初期費用はかかってきますが、新規キャンペーンの適用があるのでそれほど大きな心配はしなくても大丈夫でしょう。

これだけ多くの光サービスに対応しているプロバイダーはso-net以外にはないといっても過言ではありません。

so-netにNURO光があるのはかなりの強みだね。

同じso-netならNURO光でもイイかも?

 

⑧auスマートバリューが利用できる

auのスマホを持ってる方はauスマートバリューの適用ができます。

フレッツ回線を利用しながらauのスマホの割引が効くというのはソネット光プラスの特徴でもあります。

わざわざauひかりに変える必要もないのでauユーザーにはお得なサービスですね。

もちろんso-netのauひかりでもスマートバリューは使えるよ。でもauひかりよりもソネット光プラスの方が安いからやっぱりソネット光プラスがおすすめかなぁ。

auユーザーだけどauスマートバリューについて教えて。

 

⑨wi-fiルーターが無料レンタルできる

ソネット光プラスと同時申込でwi-fiルーターがソネット光プラス契約している間は無料でレンタルできます。

ソネット光プラスでレンタルできるwi-fiルーターは高性能なので無料で使えるのはかなりオススメです。

もちろんv6プラスにも対応しています。

インターネット初心者の方はわざわざ自分で用意する必要もないので楽ですね。

ソネット光プラスのwi-fiルーターは月によってIODATAとNEC製品に替わるよ。どっちもv6プラスに対応するよ。

v6プラスって何なの?

 

⑩キャンペーンの種類が多い

ソネット光プラスは代理店が多くあり、それぞれが独自キャンペーンを行うためキャンペーンの種類は豊富です。

ソネット光プラス公式キャンペーンだけでなく、web代理店からの申込みであればキャッシュバックを受取れる窓口もあります。

せっかく申込むなら乗り換えの際に発生した違約金分が返ってくるキャッシュバックは受け取った方がお得です。

とはいえ、一番お得なのはソネット光プラス公式キャンペーンに間違いないよ。

web代理店のキャンペーンはどんな内容なの?

 

最後に

ソネット光プラスは光コラボの中でもかなり優秀なサービスといえます。

・料金の安さ

・キャンペーンの手厚さ

・スマートバリューが使える

・wi-fiルーターが無料レンタルできる

・セキュリティソフトが無料

 

ソネット光プラス(so-net)は色んな特徴を持った光コラボだね。

 

これだけ特典が沢山あるインターネットのサービスって実はあまり無いんだよね。

今回は「ソネット光プラスとはどんなサービスなのか?」という内容をまとめてみました。

それでもソネット光プラスのメリットがいまいち伝わらないって方は他社のインターネットサービスとソネット光プラスを比較してみると良いですよ。

ソネット光プラスとNURO光を比較したい。

ソネット光プラスとauひかりを比較したい。

ソネット光プラスとドコモ光を比較したい。

ソネット光プラスとソフトバンク光を比較したい。

 

参考になりましたでしょうか。

今回はこの辺で。

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

ソネット光プラスの申込はコチラ

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.