光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

ソフトバンク、au、ドコモのスマホ料金安くするなら光コラボだ!

2019年1月16日

こんにちは。

今回は少し視点を変えてスマホ料金を安くする方法を説明します。

スマホの料金を安くしようとすると契約期間を長くしたり、容量を抑えたりすると思います。

場合によっては他社に乗り換えたりすることもあるでしょう。

しかし視点を変えればスマホ料金を安くする方法は色々あります。

 

それはスマホ以外の契約から攻めるということです。

 

???

 

どういうこと?ってなりますよね。

 

 

近年のスマホサービスは正直どの事業者も似たり寄ったりです。

料金が安くなるプランというのもほぼ出尽くした感はあります。

そこでスマホ契約と別のサービスをセットで契約することで料金を安くする方法です。

代表的なのがインターネット契約です。

 

Softbankスマホを安くしたいならSoftbank光。

auスマホを安くしたいならauひかり。

docomoスマホを安くしたいならドコモ光。

 

このようにスマホとインターネット契約をセットにすることで料金を安くしていきます。

具体的に割引表で各社見ていきましょう。

 

Softbankスマホ割引表

SoftbankスマホユーザーがSoftbank光とのセット割引をした場合

対象サービス 割引額
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1000円
データ定額 50GB/20GB/5GB 1000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

 

 

スマートバリュー適用させた場合

auスマホユーザーがスマートバリューを適用させた場合

auスマートフォン/4G LTE ケータイの場合

auピタットプラン スーパーカケホ/カケホ(2GBまで)
シンプル(1GB超~2GBまで)
翌月から500円/月割引
スーパーカケホ/カケホ /シンプル
(2GB超~20GBまで)
翌月から1,000円/月割引
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
翌月から1,000円/月割引
データ定額30
データ定額10/13(受付終了)

翌月から最大2年間2,000円/月割引

(3年目以降ずっと934円/月割引)

データ定額5/20
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
データ定額5cp(受付終了)
データ定額8(受付終了)
データ定額8(ケータイ)(受付終了)
プランF(IS)シンプル(受付終了)

翌月から最大2年間1,410円/月割引

(3年目以降ずっと934円/月割引)

U18データ定額20(受付終了) 翌月から適用期間中1,410円/月割引
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
シニアプラン(受付終了)
データ定額3cp(受付終了)
LTEフラット cp(1GB)(受付終了)
翌月から934円/月割引
データ定額1
データ定額1(ケータイ)

翌月から最大2年間934円/月割引

(3年目以降ずっと500円/月割引)

 

3Gケータイの場合

カケホ(3Gケータイ・データ付)
(※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。)

翌月から934円/月割引

 

4G LTEタブレット/4G LTE対応PCの場合

LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)

翌月から最大2年間1,410円/月割引

(3年目以降ずっと934円/月割引)

LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)(受付終了) 翌月から1,000円/月割引

 

 

ドコモ光セット割を利用した場合

家族割引適用の場合

パケットパック ドコモ光セット割
(月額)
ウルトラシェアパック100 -3500円
ウルトラシェアパック50 -2900円
ウルトラシェアパック30 -2500円
ベーシックシェアパック
(~30G)
-1800円
ベーシックシェアパック
(~15G)
-1800円
ベーシックシェアパック
(~10G)
-1200円
ベーシックシェアパック
(~5G)
-800円

 

一人で利用した場合

パケットパック ドコモ光セット割
(月額)
ウルトラデータLLパック -1600円
ウルトラデータLパック -1400円
ベーシックパック
(~20G)
-800円
ベーシックパック
(~5G)
-800円
ベーシックパック
(~3G)
-200円
ベーシックパック
(~1G)
-100円

 

 

 

最後に

このようにセットで契約することで割引額が大きくなります。

またこれらのセット割引は契約者のみならず、ご家族のスマホにも割引が適用されます。

インターネット契約をしている方はそれぞれの事業者にあった光コラボにするのが最も安く利用できます。

 

これからの時代はスマホの料金をどうしたら安くできるか?

と考えるのではなく、インターネットとセットでどれだけ安くなるか?

という考えで調べていくと安くなるプランが見つかると思います。

是非参考にしてみてください。

 

ではまた。

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-, ,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.