光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

ソネット光プラスの開通までにチェックしておくべき7つのこと

2018年9月22日

※2019/10/26更新

 

こんにちは、たいぞうです。

 

今回は今まさにソネット光プラスの申し込みを検討中の方に向けた記事です。

 

『ソネット光プラス気になるけど初期費用はどのくらいかかるのかなぁ?』

『フレッツ光からソネット光プラスに転用したいけど料金安くなるのかなぁ?』

『ソネット光プラスに事業者変更したいけど手続き面倒かなぁ?』

 

このような不安はありませんか?

 

この記事では申込から開通までの流れ、また開通までにチェックしておくべき7つの注意点をご紹介いたします。

 

ソネット光プラスの申し込みを検討している方はぜひ最後までお読みください。

 

 

ソネット光プラスで損をしないために抑えてほしい7つ

初期費用はいくらかかるのかチェック

ソネット光プラスを開通させるにはどのくらい初期費用がかかるのでしょうか。

 

まず申込者全員に共通して発生する費用として事務手数料が3000円(税抜)かかります。

 

次に新規申込の場合は、工事費が開通工事費として24000円(税抜)かかります。

 

これは派遣工事が有る無しに関わらず発生する金額です。

 

支払い回数は戸建てタイプの場合60回払い、マンションタイプの場合48回払いです。

 

転用申込の場合は基本的に工事は発生しません。

 

しかし転用であっても工事費が発生するケースがあります。

 

現在利用中の回線速度を変更したり、回線タイプの変更や配線方式の変更をする時は費用が発生します。

 

こうした変更を品目変更と呼びます。

 

転用って何?

既にフレッツ回線を利用している状態で光コラボに切り替えること。

 

転用、事業者変更の際の変更パターンは以下の通りです。

 

品目変更のパターン

回線タイプ変更(速度変更)
派遣あり⇒10000円
派遣無し⇒2000円

戸建て⇔マンションの変更
24000円

配線方式の変更
24000円

フレッツ光ライトからネクスト回線に変更
派遣あり⇒10000円
派遣無し⇒2000円

夜間・深夜に工事を実施する場合 NTT東日本 NTT西日本
時間帯 昼間 (8:30~17:00) 標準的な工事費と同じ (時刻指定をする場合は+11000円)
夜間 (17:00~22:00) 標準的な工事費の1.3倍
+18000円
昼間の工事費の1.3倍
+20000円
深夜 (22:00~8:30) 昼間の工事費の1.6倍
+28000円
昼間の工事費の1.6倍
+30000円
土日祝日に工事を実施する場合 +3000円

品目変更は基本的に派遣工事はありません。

 

ユーザーが希望した場合は派遣工事となります。

 

また西日本エリアの方は事業者変更と同時に品目変更はできません。

 

品目変更する場合はソネット光プラスに切り替わった後に品目変更の申し込みが必要となります。

 

東日本エリアの方は事業者変更と同時に品目変更は可能です。

 

また転用の人は東西エリア関係なく品目変更は可能となっています。

 

 

毎月かかる料金をチェック

月額料金は戸建てタイプの場合は5580円(税抜)マンションタイプの場合は4480円(税抜)となります。

 

これ以外の金額設定はありません。

 

もちろんスマホやモバイルwi-fiと違って利用制限はありません。

 

 

知らないうちに付いている!オプションをチェック!

申込みをした窓口によっては自動的にオプション契約が付いていることがあります。

 

よくあるオプションは、安心サポート、くらしのお守りワイドの2点です。

 

公式のキャンペーンではソネット光プラスと同時申込で現在12ヶ月無料です。

 

付与されるオプションや無料期間はその都度変わります。

 

無料期間を知らないうちに経過して、気づかないうちに料金が出ているというトラブルがよくあります

 

申込む時にはオプションが付いてくるのか、しっかり確認しましょう。

 

また申込後に入会証(登録内容通知書)という冊子型の書類が郵送されてきます。

 

その中には申込時点のオプション内容が書かれています。

 

必ず届いたら中身を確認して申込時点で付いているオプションを把握しておきましょう。

 

 

どんなキャンペーンが付いているのかチェック

ソネット光プラスの申込については窓口が色々あります。

 

公式サイトからの申込み、価格.comなどweb代理店からの申込み、訪問セールスからの申込みなど申込経路は沢山です。

 

そして申込窓口によってキャンペーンが異なります。

 

一番人気のあるキャンペーンはキャッシュバックと思いますが、申込経路によってキャッシュバックの有無や金額は異なりま

 

キャッシュバックだけでなく毎月の料金からの割引キャンペーンや、無料の訪問サポートが受けられるキャンペーンなど種類も色々あります。

 

おすすめの申込み窓口について以下の記事で解説しています。

 

よければ参考にしてください。

 

【厳選】ソネット光プラスでキャッシュバックが貰える窓口3選を紹介

  こんにちは、たいぞうです。 今回の内容は『ソネット光プラスをただ申込むだけでは物足りない!』と思っている人にお得な代理店窓口を紹介します。 こんな方におすすめ ソネット光プラスに決めてる ...

続きを見る

 

 

申し込みから開通までにどのくらい日数がかかるのか?

新規申込の場合、開通までの時間は時期や地域により異なります。

 

早ければ2週間程度、遅い場合は2か月近くかかることもあります

 

ただし転用や事業者変更で速度変更を伴わない申込であれば工事不要で2週間あれば余裕をもって切り替えが出来ます。

 

申し込みが殺到する春(2~4月頃)は地域に関わらずかなりの日数がかかることがほとんどです。

 

この時期の申込みは少なくとも1ヶ月はかかると思っておいた方がいいです。

 

とにかく申し込みを決めたら早めに申し込むことをオススメします。

 

 

ソネット光プラスは光コラボサービスの一種です。

 

利用する回線はフレッツ回線なので回線管理者はNTTになります。

 

開通工事はNTT関係者が行いますが、光コラボはソネット光プラスだけではありません。

 

ソフトバンク光やドコモ光、OCN光、BIGLOBE光など沢山あります。

 

毎日多くの光コラボ事業者から申込が入るため開通工事は早いもの順です。

 

特に都会(東京、神奈川、大阪、福岡など)は年中申し込みが殺到するため開通工事まで日数がかかることが多いです。

 

また回線判定の結果、設備不足や設備の準備のため開通工事まで日数がかかることもあります。

 

開通工事まで日数がかかる詳細については光コラボ、フレッツ光が開通するまでに時間がかかる理由にまとめているので参考にしてください。

 

 

※超重要※ 解約する時に必要な手続きと費用をチェック

申込む前から解約のことを考える必要があるの?とお思いでしょうが、これは重要です。

 

ソネット光プラスでは36ヶ月の契約期間が設定されています。

 

更新期間以外で解約すると20000円の解約金が発生します。

 

契約期間は3年間(36ヶ月)と長いです。

 

短期しか利用しないという方にはソネット光プラスは向きません。

 

その場合は契約期間のないフレッツ光などのサービスを利用すると良いでしょう。

 

解約方法については注意点が沢山あるので以下の記事にまとめています。

 

よければ参考にしてください。

 

ソネット光プラスの解約/退会手続きを徹底解説【事業者変更も解説】

※2019/10/19更新 こんにちは、たいぞうです。   今回はソネット光プラスの退会の方法について説明します。   その前にまず言葉の認識を一致しておきたいと思います。 &nb ...

続きを見る

 

 

『どのタイミングで解約すれば解約金が出ないのか?』を事前に知っていないことでトラブルになることが本当に多いです。

 

もしあなたがずっとソネット光プラスを利用し続けるというのであれば問題ありません。

 

しかし本当に同じサービスを利用し続けますか?

 

インターネット業界は年々新しいサービスが生まれます。

 

利用環境は少しづつ改善されており、より快適なインターネットサービスを利用出来るように進化しています。

 

そのため現在の契約で長年利用し続けることは、ネット環境や経済面から考えても損をすることがインターネット業界では結構あります。

 

もちろん全てのサービスに当てはまる訳ではないですが、少なくとも契約更新月が来た時にはその時代のインターネットサービスを検討する方が良いでしょう。

 

実際今ではソネット光プラスというサービスで売っていますが、一昔前は『ソネット光』という契約形態の違うサービスでso-netは売っていました。

 

単に解約金がかからないようにというだけでなく、ネット環境の見直しや経済的観点からも更新時期は契約を見直す時期にしましょう。

 

 

引っ越しする時の手続きと費用をチェック

将来引っ越しを検討している方は引っ越し時の工事費を知っておく必要があります。

 

同一エリア内の移転工事費 9000円
東西間エリアの移転
事務手数料 3000円
回線工事費(戸建てタイプ) 400円×60カ月(合計24000円)
回線工事費(マンションタイプ) 500円×48カ月(合計24000円)

 

注意してほしいこととして移転前の場所で工事費が発生しており残債がある場合は分割請求は継続されます

 

この場合、引っ越し先の工事費も発生するので工事費の支払が二重になるのでご注意ください。

 

 

移転の申し込みは引越・コース変更ダイヤルに電話するかソネット光プラス引っ越しサイトからで申込可能です。

 

しかし開通までには10日~2ヵ月程度かかりますので早めの申請をオススメいたします。

 

ソネット光プラスの引越しについては詳細をまとめていますので以下の記事を参考にしてください。

 

ソネット光プラスの引っ越し手続きを知りたい【wi-fiレンタル有】

  こんにちは、たいぞうです。   今回はソネット光プラスの引っ越しについて手続きから引っ越し時によく起こるトラブルまで解説していきます。   この記事を読めばソネット光 ...

続きを見る

 

 

まとめ

申込前にチェックしておくべき7項目

  1. 初期費用
  2. 月額料金
  3. オプション
  4. キャンペーン
  5. 開通まで期間
  6. 解約費用と手続き
  7. 引越し費用と手続き

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はソネット光プラスの申込みから開通までに注意することを解説いたしました。

 

今回解説した内容はどんなインターネットサービスを申込む場合にも当てはまります。

 

今回紹介した注意点を抑えておかないと思いもよらない費用を請求されたり、面倒な手続きを要することになります。

 

今回解説した7つの項目は事前にチェックした上で申し込みをしましょう。

 

どんなサービスであってもあなたが納得して利用するのが一番です。

 

今回はこの辺で。

 

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

【ソネット光プラス希望者】超お得キャンペーン窓口の紹介【限定】

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.