光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

光回線

【九州7県限定】BBIQの7つのメリットを徹底解説します。

2018年12月13日

こんにちは。

今回はBBIQサービスの解説をしていきます。

BBIQは全国展開の光サービスではありません。

沖縄を覗く九州7県(福岡、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)限定の光サービスです。

地域限定のサービスだからこそのメリット・デメリットというものがあります。

今回はそんなBBIQのメリットとデメリットを解説いたします。

 

 

BBIQのメリット

月額料金がとにかく安い

月額料金が全国展開の光サービスに比べて断然安いです。

まずはBBIQの料金を見ていきましょう。

※全て税抜き表示です※

BBIQ料金

戸建て
5年契約 月額4700円

3年契約 月額5000円

通常契約 月額5800円

マンション
4100~5800円(加入者戸数により変動)

 

全国展開の光サービスと比べると一目で安さが分かります。

他社料金(ホームのみ)

Softbank光
5年自動更新 月額4700円

2年自動更新 月額5200円

自動更新なし 月額6300円

~~~~~

auひかり
3年更新 月額5100~4900円

2年更新 月額5200円

標準プラン 月額6800円

~~~~~

ソネット光プラス
3年更新 月額5580円

契約期間の違いや付属サービスの違いがあるので一概にBBIQの方がお得です、とは言えません。

しかし、BBIQは5年契約をすると4700円は戸建て契約にしては相当に安いです。

3年契約でも5000円ですから月額料金としてはかなり安い方です。

 

auスマートバリューが使える

au携帯の利用者であればスマートバリューの適用が受けられます。

スマートバリューとはBBIQでインターネットとBBIQ光電話に申込むことで、au携帯の利用料金が割引されるサービスです。

au携帯ユーザーにはお得なサービスとなっています。

 

ただしBBIQ光電話という固定電話の申込みが必須です。

BBIQ光電話は基本料金500円です。

それを差し引いてもスマートバリューは最低でも500円割引はあります。

また契約者のみならずご家族のau携帯料金も対象となっています。

利用者が多ければその分割引額も増えるのでお得になります。

詳細はBBIQのサイトのauスマートバリューのぺージで確認してみてください。

 

サポートがしっかりしている

BBIQを展開しているのは株式会社QTnetです。

QTnetは九州電力の子会社になります。

つまりBBIQの設備を管理しているのは九州電力です。

そのため突然のトラブルにもかなり早く対応してもらえます。

地域密着の電力会社のため地域事情も把握しているというのがかなり大きいです。

 

また通常の接続設定や簡単な内容であれば電話はもちろん、LINEでも対応してくれます。

QTnetお客さまセンター総合窓口

0120-86-3727
受付時間
9時~20時 / 年中無休

※年末年始(12月31日~1月2日)/ 9時~18時

またLINEでのサポートも365日24時間利用可能です。

サポート体制もしっかりしているのでインターネット初心者の方にも安心と思います。

 

無料でマカフィーが使える

セキュリティソフトのマカフィーが標準サービスとして付いてきます。

マカフィーはWindows、Mac、Androidのスマホやタブレットに合計5台まで設定が出来ます。

更新料もかかりません。

BBIQ光サービスを契約している間は常に無料ですので安心してください。

 

またアップグレードについても自動的に更新されます。

設定していれば自動的にアップグレードしていくので面倒な作業も必要ありません。

 

必要なのは最初のマカフィーの設定だけです。

ユーザーが利用しているパソコンやスマホに最初に設定する必要はありますのでご注意ください。

とはいっても大して難しくはありませんのでご安心ください。

BBIQのマカフィー設定方法はこちらに書いていますよ(BBIQサイトに飛びます)

 

ひかり電話通話料が若干安い

光電話の通話料がNTTと比較すると少し安いです。

固定電話への通話料はNTTだと3分8円となっています。

しかしBBIQ光電話においては3分7.5円です。

0.5円安いのは固定電話を頻繁に使う方には大きな差となります。

 

また基本料金は500円となっています。

この料金はNTT光電話の基本料金と同じです。

得することはあっても損にはなりません。

 

ひかり電話有なら無線ルーター標準装備

また光電話契約をすると対応ルーターには無線機能が標準装備されています。

もちろん別途料金もかかりません。

NTT光電話であれば無線LANカードのレンタルが必要になり月々100円かかります。

BBIQの場合は無線LANカードも別途費用も不要です。

せっかく固定電話の申込みをするのであれば無線も利用すると良いですね。

BBIQ光電話の詳細を確認したい方はこちらからどうぞ。

 

メールアドレスが5つまで無料

BBIQ契約をすると必ず1つメールアドレスが付与されます。

使う使わないは自由ですが。BBIQからの連絡は全てBBIQメールアドレスに入ってきます。

このメールアドレスですが、希望すれば最大5個まで使うことが出来ます。

用途によって使い分けたい方にはお得です。

契約ページから申込めばすぐに使えるようになります。

ぜひ活用ください。

BBIQの無料の基本サービスを詳しく確認したい方はこちらからどうぞ。

 

 

BBIQのデメリット

続いてBBIQに申込むことで生じるデメリットはどんなところにあるのでしょうか。

数点挙げてみましたので参考にしてください。

 

安く利用するためには5年契約をする必要がある

一番最初にも記述しましたが、BBIQの月額料金は確かに安いです。

しかし安い月額料金の契約をするとなると最低でも3年契約が必要です。

最大限に低価格での利用を求めるのであれば、5年契約をする必要があります。

複数年の契約となるので当然に途中解約すると解約金が発生します。

これが最大のデメリットです。

 

BBIQの5年契約「つづけて割ビッグ」ですが60ヵ月単位での契約となります。

更新月は60ヶ月目です。

この時期に解約の申出をしなければ契約は自動更新となります。

更新月以外で解約、移転に伴う解約をした場合に解約金が発生します。

 

解約金は契約年数によって異なります。

BBIQつづけて割ビッグ(5年契約)の解約金

割引適用開始後の期間 解約金
12ヵ月未満 30,000円
12ヵ月以上24ヵ月未満 25,000円
24ヵ月以上60ヵ月未満 20,000円
1回目更新月の翌々月以降 15,000円
2回目更新月の翌々月以降 12,500円
3回目更新月の翌々月以降 10,000円

 

BBIQつづけて割(3年契約)の解約金

割引適用開始後の期間 解約金
12ヵ月未満 25,000円
12ヵ月以上24ヵ月未満 20,000円
24ヵ月以上36ヵ月未満 15,000円
1回目更新月の翌々月以降 12,500円
2回目更新月の翌々月以降 10,000円

 

なお5年契約については更新期間に変更があります。

1回目の更新期間は通常通り契約開始から60ヶ月後です。

しかし2回目以降の更新期間については36ヶ月単位に変更になっています。

詳細は「BBIQつづけて割ビッグ」ご契約更新後の契約期間および「BBIQつづけて割」「BBIQつづけて割ビッグ」ご契約更新後の途中解約料変更についてを参照してください。

 

撤去工事費5,000円が必須

BBIQは解約すると無条件で撤去工事費が発生します。

これは必須です。

たとえ更新期間であっても、たとえ転勤が理由での解約であっても必須です。

撤去工事費がかからないのはマンションタイプで棟内LAN方式の契約者のみです。

 

BBIQはこんな方におすすめのサービス

どのサービスでもメリットとデメリットとは存在します。

ライフスタイルや携帯電話の契約によって様々です。

私がBBIQをおすすめする条件としては、まず九州にお住いの方

これはサービス自体が九州以外では展開していないので当たり前ですね。

 

次にau携帯の利用者です。

スマートバリューが適用されるので携帯料金の大幅な割引が期待できます。

 

次におすすめするのがインターネット初心者です。

インターネットを始めて契約するという方にはBBIQはおすすめです。

理由の一つはサポートもしっかりしている点です。

もう一つの理由は通常の光サービスとは違い、プロバイダの契約が不要なので契約形態がスッキリする点です。

 

インターネットの契約は意外と複雑で長年の利用者でも混乱することはよくあります。

あなたは経験無いですか?

窓口に電話したら、

 

「 それは○○社に連絡してください 」

 

とたらい回しにされた経験が。

 

BBIQの場合、全てがBBIQ1社で対応でしてくれるのでとても安心です。

BBIQはこんな方におすすめ

・九州にお住いの方
・au携帯電話のユーザー
・インターネット初心者

 

 

最後に

今回は地域限定サービスのBBIQをご紹介いたしました。

九州以外にお住いの方には全然参考にならなかったと思います(笑)

まぁ九州に転勤やお引越しで来られる方は参考にしてください。

 

お役立ちになれれば幸いです。

 

ではまた。

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-光回線
-

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.