ソネット光プラス

【早い!簡単!】BIGUPからソネット光を申込む手順を完全解説

ソネット光プラスにはいくつかのweb代理店があります。 今回紹介するのはBIGUPです。 BIGUPとは以下のようなweb代理店です。 ■BIGUPのキャンペーンの特徴■ 受取条件が緩い 受取手続きが簡単 キャッシュバックが貰える時期が早い   そしてあなたがソネット光プラスを申込む際に以下のような思いがあれば、この記事をお読みください。 BIGUPから申込むのがオススメな人 面倒な手続きをせずに早めにキャッシュバックを貰いたい キャンペーンは割引でもクーポンでもなく現金キャッシュバックが欲しい ...

続きを読む

ソネット光プラス

【最大7万円CB】ライフサポートからソネット光を申込むならココに注意

ソネット光プラスには申込窓口が色々あります。 そして申込窓口によって付いてくる特典が変わってきます。 今回は高額キャッシュバックが売りのweb代理店ライフサポートを解説いたします。 しかしライフサポートのキャンペーンは受け取り手続きが面倒なので万人向けのキャンペーンではありません。 ライフサポートキャッシュバックはこんな人に向いている メールをこまめに確認する人 規約、注意事項をしっかりと読む人 申請書を丁寧に書ける人 これらのことを面倒に思わずきちんとこなす人にはオススメです。   しかし、 ...

続きを読む

ソネット光プラス

【2021/08最新】ソネット光プラスの全キャンペーンを徹底解説

こんにちは、たいぞうです。 ソネット光プラスに申込むと色々な特典を受けることが出来ます。 ですが申込窓口によって受けられる特典の内容も異なります。 これからソネット光プラスのお得なキャンペーンを展開している窓口について解説いたします。 しかし、 調べるの面倒だなぁ けっきょく何が良いのか分かんないんだよねぇ って方はso-net公式サイトから申込めば間違いないです。   \2年間56,592円割引/ so-net公式サイトはコチラ   もっと詳しくソネット光プラスのキャンペーンを知りた ...

続きを読む

ソネット光プラス

ソネット光プラスの開通工事完了から接続までの手順を徹底解説

こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの開通工事が終わってから行うインターネット設定の手順について解説いたします。 ソネット光プラスは開通工事が終わっただけではインターネット接続は出来ません。 インターネットに繋がるためには、機器の配線や初期設定が必要です。 開通工事が終わったけどインターネットに繋がらない 急にインターネットに繋がらなくなった 市販のwi-fiルーター買ったけど繋ぎ方が分からない そんなあなたに向けて動画と画像付きで解説していきますのでお困りの方は是非お役立てください。 &n ...

続きを読む

ソネット光プラス

だからあなたは騙される。ソネット光プラスの7つの盲点を抑えよう。

こんにちは、たいぞうです。 ソネット光プラスの契約には知っておかないと、後々クレームに発展するような盲点がいくつか存在します。 これから解説する内容はソネット光プラスだけに通ずるものではありません。 今後、別の光回線を契約する時でも役立つ知識です。 今回はソネット光プラスを契約する上で、知っておいてほしい7つの前提を解説いたします。 ☞so-netに騙されたという方からのクレームの実例はこちら。   ★ソネット光プラス魅力★ 最初の2年間は毎月2,500円割引! 戸建てタイプ3,480円(2年間 ...

続きを読む

接続・設定

急にwi-fiが繋がらなくなった時の対処方法

急にwi-fiが繋がらなくなったよ!
最近ちょくちょくwi-fiが切れるんだよねぇ

インターネットを使っていると誰もが一度は経験するwi-fiの途切れ。

こんな時どのような対処をして良いか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はwi-fiが急に使えなくなった時の対処方法をお伝えいたします。

 

wi-fiが急に繋がらなくなった時の対処方法

wi-fiが急に繋がらないといった不具合が発生した時にまず行うことは原因の特定です。

原因を特定するポイントは一つずつ順序立てて可能性を探っていくことです。

原因さえ特定できれば対策を取ることが出来ます。

 

勘違いしてほしくないのは【wi-fiが繋がらない≠ネットが繋がらない】ということです。

もちろんその可能性はありますが、正確な原因を特定しないと正しい対処は出来ません。

wi-fiが繋がらなくなる時の原因は以下のようなものです。

  • デバイスの問題を疑う
  • wi-fiルーターの不具合か
  • LANケーブルが破損しているのか
  • 回線の障害ではないか

順序はどれから探っても構いません。

考え方としては、wi-fiが繋がらない原因がどこにあるか目星を立てて一つずつ可能性を探っていくことです。

まずはデバイスに問題が無いか調べてみよう
デバイスには問題が無いから今度はwi-fiルーターに問題が無いか確認しよう!

というように一つずつ調べていきましょう。

 

デバイスの問題を疑う

チェックリスト

  • wi-fiアイコンが表示されているか
  • wi-fi設定のやり直し

デバイスとはあなたが使っているスマホやタブレット、パソコンなどの端末のことです。

デバイスで確認してほしいのはまずwi-fiアイコンが表示されているか確認してください。

もしアイコンがのように「!」や「×」が付いている場合はwi-fiが切れていることを意味します。

Windows10だとといったアイコンです。

似たようなアイコンでのようにグレーになっている場合は一時的に途切れている場合です。

この場合はしばらくすると繋がるので待ちましょう。

 

wi-fiアイコンが切断を示している場合は別のデバイスで接続が出来ているか確認してください。

もし他のデバイスで繋がっているのであれば、あなたが持っているデバイスに不具合が生じていると分かります。

 

その場合は一度wi-fi設定のやり直しをしてください。

wi-fi設定の手順は機種にもよりますが、概ね以下の通りになります。

  1. スマホの「設定」を開く
  2. 「ネットワーク」を開く
  3. 「wi-fi」をクリック
  4. 接続されていないSSIDを削除
  5. wi-fiが生きていればすぐに同じSSIDを認識する
  6. 改めて暗号化キー(認証キー)を入力

もし、設定をし直しても接続できなければスマホ側に問題があると断定できます。

スマホに問題があると特定したら、次に行うのは再起動です。

再起動してもやはりwi-fiが繋がらない場合はスマホの不具合が考えられます。

スマホの提供元に連絡して、場合によっては修理してもらいましょう。

 

wi-fiルーターの不具合か

チェックリスト

  • wi-fiが飛ばなくなっている。
  • ランプ状態から不具合が確認出来る。
  • LANケーブルが抜けている。

wi-fiが繋がらない場合ルーター側に原因がある時もあります。

wi-fiルーターは5~7年で寿命が来るといわれています。

寿命が近づくと経年劣化によりwi-fiの飛びが悪くなることがあります。

この場合はwi-fiルーターを交換するほかありません。

購入するかまたはプロバイダによってはレンタルも出来るので直接プロバイダに確認しましょう。

 

ランプ状態についてはメーカーによって異なります。

以下に各メーカーのランプ状態が確認できるサイトをまとめているので直接確認してください。

NTTルーター ランプ状態
BUFFALOルーター ランプ状態
NECルーター ランプ状態
IODATA ランプ状態
TP Link ランプ状態

中でも確認してほしいのは「wi-fiアイコン」です。

wi-fiのアイコンが消灯している場合はwi-fiが飛んでいないことを示しています。

wi-fiアイコンは基本的にwi-fiルーターの電源を入れると点灯します。

これはどの機種でも同じです。

 

もしwi-fiアイコンが消えていたら電源の指し直しをしてください。

この時、電源を抜いてから約5分ほど時間を空けて指すようにしましょう。

 

これでも改善しない場合はファームウェアが最新でない可能性があります。

(wi-fiルーターにおけるファームウェアとはwi-fiルーターを動作させるソフトウェアのことを意味します。)

以下のリンクからファームウェアが最新になっているか確認しましょう。

ファームウェアも再審でwi-fiアイコンが出なければwi-fiルーターに何らかの不具合が出ています。

メーカーに連絡しましょう。

主なwi-fiルーターメーカーの連絡先は以下の通りです。

NTTにつきましては光コラボの場合は各プロバイダへ、フレッツ光契約の場合は【0120-116-116】に連絡してください。

 

LANケーブルが破損しているのか

チェックリスト

  • 替えのLANケーブルがあれば交換する。
  • CAT6のLANケーブルに交換する。

LANケーブルの不良で通信状態が悪くなることもあります。

もし替えのLANケーブルがあれば交換してみましょう。

交換することでwi-fiが改善することもあります。

その場合はLANケーブルに原因があったということです。

 

LANケーブルには規格(CAT)というものがあります。

規格とはLANケーブルの性能を表します。

以下の表をご覧ください。

規格 CAT5e CAT6 CAT6A CAT7 CAT8
通信速度 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps 40Gbps
伝送帯域 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz 2000MHz

規格は性能が高ければ良いというものではありません。

 

一般家庭用であればCAT6で十分です。

例外的にNURO光、光コラボやauひかりの10Gbps以上高速回線の契約をしている方はCAT6Aが相性良いです。

ただしCATが上がれば高性能ですが、高額になります。

 

参考までに楽天で売り出しているCAT6のLANケーブルを載せておきます。

★メール便送料無料★【国際基準 LANケーブル cat6 0.5m 1m 1.5m 2m】当日発送 1年製品保証 1ヶ月返品保証 業務用 企業様向け カテゴリ6e 青 ストレート ランケーブル RJ-45 おすすめ カテゴリ サーバー

価格:358円
(2021/5/4 22:12時点)
感想(49件)

電気量販店や最近ではコンビニでも売っている所もあるので覗いてみてください。

 

回線の障害ではないか

チェックリスト

  • 「光回線」ランプが消灯していないか
  • 光ケーブルが外れていないか

 

キャリアから提供されたルーターを確認する場合は「光回線」を示すランプをチェックしてください。

各キャリアのホームゲートウェイが示す光回線の状態を表すランプは以下の通りです。

メーカー 「光回線」を示すランプ
NTT 光回線
auひかり ネット
NURO光 WAN

もしこれらのランプが消えていたら光ケーブルが外れていないか確認してください。

ここで気をつけてほしいのは目視だけで確認することです。

どうして?

一見きちんと挿し込まれているように見えても外れている場合があります。

必ず一度抜いてから指し直すようにしましょう。

 

もし、きちんと挿し込んだにもかかわらず光回線ランプが点灯しない場合は、外部環境に問題があります。

こうなるとユーザーの手に負える話ではなくなります。

すぐにキャリアに連絡をして状況を伝えてください。

 

不定期にwi-fiが途切れる時の対象方法

チェックリスト

  • 機器の経年劣化の可能性が一番高い
  • LANケーブルかwi-fiルーターの劣化の可能性が一番高い

不定期にwi-fiが切れる場合は機器の経年劣化の可能性が高いです。

なのでLANケーブルまたはwi-fiルーターに絞って原因を探っていくと良いでしょう。

調べ方は上記に示した方法と変わりはありません。

 

どうしてもwi-fi環境が改善しない場合の対処方法

 

宅内環境を変えてみる

宅内環境を変えるとは、

  • モデム機器の位置を変えてみる
  • インターネットを使う部屋を変えてみる
  • wi-fiルーターとインターネットを使う場所の間の障害物を取り除く

等を指します。

 

wi-fiはとても繊細で置き場所を変えるだけでも改善することがあります。

お家の事情によっては設置場所を変えることが難しい方もいるでしょう。

その場合はネットを使う部屋を変えてみてください。

 

スマホにwi-fi設定をしている人は多いと思います。

別の部屋で使ってみてどのような変化があるか試してみましょう。

もし上手くwi-fiが繋がれば宅内環境に問題があります。

wi-fiルーターの設置場所を変えたり、家具の位置を変えると改善する可能性があります。

是非お試しください。

 

中継器の設置

wi-fiの飛びが悪い場合、中継器を設置することで解消することがあります。

中継器とはwi-fiルーターから発生する電波を文字通り中継する機器です。

wi-fiルーターの設置場所から遠い部屋でインターネットをする場合には効果的な機器です。

 

ただし中継器は電気量販店で購入する必要があります。

値段は2,000円台から高いものだと10,000円を超えてきます。

とはいえ、購入するなら2,000円台のもので十分です。

参考までにTP Link製の中継器を一つ紹介いたします。

 

高性能とまではいえませんが、通常のインターネット利用であればこの程度のもので全く問題ありません。

大きさをスマホくらいの大きさなので、場所を取るものではありません。

出来ればお近くの量販店で現物を見て購入するようにしましょう。

 

モバイルwi-fiルーターとの2台体制

wi-fiが切れやすい場合、予備としてモバイルwi-fiルーターを持っておくのも一つの手です。

ただしモバイルwi-fiルーターは月額契約のため毎月負担が増えることになります。

またモバイルwi-fiルーターを持ったからといって必ず改善されるとも限りません。

 

そうなの?
うん。だからまずは解約金もないものをオススメいたします。

とりあえず使ってみて万が一wi-fiが繋がらない、または回線速度が遅い場合すぐに解約することが出来ます。

 

光回線と同じでスペックは良くてもあなたの家では繋がりにくいこともあります。

とりあえず使ってみないと分からない点では光回線と同じです。

なので使い物にならなかった場合に解約できる方が良いです。

 

解約金の無いモバイルwi-fiルーターとして有名なのはニッチカンパニー社のクラウドWiFiです。

月額料金も3,718円とモバイルwi-fiとしては平均的です。

ただし初月は登録料として3,300円がかります。

 

登録料も不要なモバイルwi-fiをお探しなら、スペースエージェント社の0円WiFiが良いでしょう。

登録料はもちろん解約金もありません。

月額料金も3,575円と平均より安めになっています。

ただしデメリットとしては下り速度が150Mbpsと112.5Mbpsの機種がありますが選択できない点です。

場合によってはスペックの低い機種が送られてくる場合もあるので許容する必要があります。

いずれにせよ、モバイルwi-fiルーターとの2台体制は費用負担がかかるのでお財布と相談してください。

 

プロバイダの乗り換え

プロバイダの乗り換えは最終手段です。

改善策を試してみてもwi-fiがまったく繋がらない場合は、最終的にはプロバイダを変えざるを得ません。

しかしプロバイダの乗り換えには大きな費用負担が伴います。

もしプロバイダ起因でwi-fiが使えない場合は、解約金免除を交渉しましょう。

プロバイダにもよりますが、通常は最低限インターネットを利用出来るだけの速度が出ていない場合に解約金は取りません。

私も全てのプロバイダで働いてきたわけではないので絶対とはいえませんが…

 

確かに光回線のサービスはベストエフォートサービスです。

とはいえ通常のWEB閲覧も出来ないレベルの場合、それはユーザー起因とはいえません。

ユーザー起因によらない解約にもかかわらず解約金を請求される場合は交渉するべきです。

 

別に解約したくてするわけじゃなく、wi-fiが繋がらないほど回線速度が遅いから解約するんです。

このように主張しましょう。

それでも解約金を求められる場合は消費者センターへの報告をするまで行いましょう。

ここまですれば解約金の免除は出来るはずです。

最低限のインターネット利用も出来ないレベルであれば契約する意味もないですからね。

とはいえ乗り換え先の工事費や手間はかかるのでプロバイダの乗り換えは最終手段です。

 

プロバイダの乗り換えは用途に合わせて選ぼう

でも乗り換えた先もwi-fiが繋がらなかったらどうしよう…
たしかにプロバイダの乗り換えをすることになったら、今度こそは失敗したくないですよね。

でも残念ながらオススメ出来るプロバイダというのはありません。

えぇ!

なぜなら光回線はベストエフォートだからです。

 

光回線は「繋いでみないと分からない」という性質のものです。

その理由は環境の意影響を大きく受けるからです。

なので確実なことはいえません。

しかしまた失敗するのも避けたいです。

 

そこでこれを機に、あなたがプロバイダ契約する必要が本当にあるのか?考えてみてください。

 

たまにスマホで検索するだけであれば、そもそも光回線の契約は不要です。

昨今のスマホは大きい容量でも低価格の契約が出来るような料金体系になっています。

それならまずはキャリアにプランを見直しをしましょう。

プロバイダの契約はその後です。

 

もしあなたがパソコンで頻繁に動画を見たりネット検索するのであれば、光回線かモバイルwi-fiルーターは必須です。

モバイルwi-fiルーターならニッチカンパニー社のクラウドWiFiまたはスペースエージェント社の0円WiFiがオススメです。

解約金が無いので一度使ってみてダメなら簡単に解約が出来るのでオススメです。

 

もしオンラインゲームをメインに使う方なら絶対に光回線です。

もし提供エリア内であればNURO光がオススメです。

魅力は何といっても世界最速の最大通信速度2Gbpsです。

NURO光で遅くなったという人はほとんど聞いたことがありません。

 

たしかに開通までに時間がかかるというデメリットはあります。

しかし安定したオンラインゲームをするなら高品質な回線環境は必須です。

提供エリア内であれば迷わずNURO光に決めて良いでしょう

 

NURO光の提供エリアでなければauひかりも選択肢に入れても良いでしょう。

ただしauひかりは戸建てタイプの場合、解約時に撤去工事費が発生するので要注意です。

とはいえauひかりも回線速度の評判は良好です。

長期の契約を考えるのであればオススメの光回線です。

 

他社の光コラボに変更するのも良いでしょう。

プロバイダを変えることで速度改善する可能性はあります。

ただし光回線の品質は同じなので改善されない可能性もあります。

プロバイダ契約にお試しは無いので出来ればNURO光やauひかりに変更する方が良いでしょう。

 

まとめ

  • wi-fiが繋がらなくなったら、どこに原因があるか一つずつ調べていく
  • 不定期にwi-fiが途切れる場合は機器の経年劣化の可能性が高い
  • 最悪の場合、プロバイダの乗り換えも視野に入れること

wi-fiが繋がらない=インターネットが繋がらないとは限りません。

まずはwi-fiが繋がらない原因がどこにあるのか探っていきましょう。

出来るだけ手間のかかることや費用がかかることは避けたいですね。

では今回はここまで。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このサイトはソネット光プラスに特化した専門サイトです。

他にもソネット光プラスに関する記事をご用意していますのでお役立ていただけると嬉しいです。

仕方ないから他の記事も見てやるかって優しい方はコチラへ!

  • この記事を書いた人

たいぞう

光回線系のサポートセンターで働いてきた経験を活かし、ユーザーのインターネットに関する悩みや問題点を解決できるようなサイトを作りたいと思いサイトを立ち上げました。 どうぞよろしくお願いいたします。

-接続・設定

© 2021 どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト Powered by AFFINGER5