ソネット光プラスとはどんなサービスなのか?このサイトで全て解説します!

どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト

ソネット光プラス

【ソネット光プラスとSoftbank光】サービスの違いを比較してみた

2018年10月2日

こんにちは、たいぞうです。

今回はソネット光プラスとSoftbank光を比較していきたいと思います。

どちらも光コラボレーションサービスなので回線の品質には大きな違いはありません。

しかしながら両社はそもそも運営会社が違います。

当然展開しているサービスも大きく異なります。

1つずつ項目に分けて比較してみましょう。

 

ソネット光プラスとSoftbank光を色々と比較してみる

初期費用

まずはインターネット開通までにかかる初期費用を見ていきます。

事務手数料

事務手数料
ソネット光プラス Softbank光
3,000円 3,000円

 

工事費

工事タイプ ソネット光プラス Softbank光
屋内配線あり
24,000円
24,000円
屋内配線なし 24,000円
無派遣工事 2,000円

 

月額料金

契約期間がそれぞれ異なるため一概に正しい比較とはいえませんが、まずはご覧になってください。

タイプ 契約期間 ソネット光プラス Softbank光
戸建て
24ヵ月 - 5,200円
36ヵ月 5,580円 -
60ヵ月 - 4,700円(+660円)
=5,360円
マンション
24ヵ月 - 3800円
36ヵ月 4,480円 -
ライトファミリー 24ヵ月 - 3,900~5,600円

60ヶ月の契約期間についてはソフトバンクテレビという契約が必須になります。

ソフトバンクテレビの料金は660円です。

そのため4,700円の月額料金ではありますが、実質金額が加算されて5,360円という月額料金になります。

 

解約金

  契約期間 ソネット光プラス Softbank光
戸建て
24ヵ月 - 9,500円
36ヵ月 20,000円 -
60ヵ月 - 15,000円
マンション
24ヵ月 - 9,500円
36ヵ月 20,000円 -
ライトファミリー 24ヵ月 - 9,500円

ソネット光プラスもSoftbank光にしても違約金は高いので、契約期間までは利用するということを前提に契約するべきでしょう 。

 

キャンペーン

  ソネット光プラス Softbank光
公式サイト ①ネット月額料金 割引特典
・戸建にお住まいの場合
1~24カ月:月額基本料金 2,500円割引
25~60カ月:月額基本料金 400円割引

・マンションにお住まいの場合
1~24カ月:月額基本料金 2,500円割引
25~48カ月:月額基本料金 500円割引

②「So-net 光 プラス」と同時申込の場合
「So-net v6プラス対応ルーター」
永年:月額料金 400円割引

③無料訪問設定サポート
パソコン1台相当の設定につき、
1回分のサポートが無料
・接続設定
 (ブロードバンド接続に必要なネットワーク設定)
・無線LANの設定(親機・子機一式)

①他社からSoftbank光に乗り換えで
最大24,000円キャッシュバック
(普通為替)
または、月額利用料から
1,000円×24ヵ月割引
※回線工事費が9,600円
 または2,000円の場合は、
 10,000円分のキャッシュバック
 (普通為替)
 もしくは1,000円×10ヵ月の割引

②新たにSoftbank光/SoftBank Airに
 お申し込みいただいた方に、
 他社固定回線または他社モバイル回線の
 違約金・撤去工事費を満額還元

※キャッシュバックの対象は
 他社サービス解約時に発生する
 違約金・撤去費用・他社モバイル端末代金の残債。

 キャッシュバック金額は合計で最大10万円。
 ただし、他社モバイル端末代金の
 残債に対するキャッシュバック金額は
 42,000円を上限。

 ※キャンペーンの額は予告なく変わることがあります。記載している内容と実際のキャンペーンが異なる場合もあります。

 

ソネット光プラスのキャンペーン詳細

実際どのくらいお得になるのか表にまとめました。

お得額はいくら? 1~24ヶ月 25~48/60ヶ月 お得(割引)額
戸建てタイプ 60,000円 14,400円 74,400円
マンションタイプ 60,000円 12,000円 72,000円

戸建てタイプは5年間かけて74,400円、マンションタイプは4年間かけて72,000円の割引です。

では実際に支払う月額料金を見ていきましょう。

月額料金はいくら? 1~24ヶ月 25~48/60ヶ月 工事費/月
戸建てタイプ 3,080円 5,180円 400円
マンションタイプ 1,980円 3,980円 500円

 

\2年間2,500円割引/

ソネット光プラス公式キャンペーンはこちら

 

Softbank光のキャンペーン詳細

ソネット光プラスは他社の違約金は補填しないけど、工事費やこれから発生する月額料金の割引を行います。

Softbank光はこれから発生する月額料金は割引しないけど、工事費と他社の違約金は補填する。

こうした両社のスタンスの違いが見られます。

 

開通までの目安

ソネット光プラスもSoftbank光もNTT回線を利用したコラボレーションサービスです。

そのため開通までの期間は両社とも大差ありません。

早ければ2週間程度、遅い場合は1ヶ月以上待つことがあります。

開通までの期間はプロバイダによって決まるのではなく、地域性などが大きく関係します。

例えば・・・

  • 冬の時期には東北以北エリアでは雪解け時期まで工事が出来ないことがある
  • 全国的に3~4月は引っ越しシーズンのため、開通工事の予約が埋まりやすい傾向にある

 

サポート窓口

ソネット光プラス窓口

0120-80-7761

受付時間 9:00~18:00

※1月1日、2日および指定のメンテナンス日を除く

その他のso-netの窓口はコチラ

Softbank光窓口

0800-111-2009

受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

so-netは1月1日と2日以外は窓口が開いています。

一方ソフトバンクは年中無休で窓口が開いています。

どちらの窓口もフリーダイヤルです。

ただし両社とも人気のプロバイダーだけあってなかなか繋がりにくいです。

お急ぎでない場合はチャットやメールでお問い合わせをする方が無難でしょう。

またどうしても電話でのお問い合わせをする場合は受付開始時間を狙うのが一番確率高く繋がります。

 

回線速度

回線速度は『みんそく』を参照したものです。

下記の表をご覧ください。

 

時間帯別の平均速度情報(IPoE)

ソネット光プラス ping値 下り 上り
20.13ms 307.53Mbps 197.82Mbps
18.93ms 358.49Mbps 228.27Mbps
夕方 21.56ms 294.34Mbps 205.06Mbps
18.96ms 283.07Mbps 207.06Mbps
深夜 16.76ms 334.87Mbps 224.55Mbps
Softbank光 ping値 下り 上り
25.19ms 267.47Mbps 173.38Mbps
24.61ms 286.69Mbps 181.45Mbps
夕方 23.68ms 261.78Mbps 180.68Mbps
24.57ms 236.83Mbps 171.13Mbps
深夜 24.7ms 271.91Mbps 184.34Mbps

 

時間帯別の平均速度情報(PPPoE)

ソネット光プラス ping値 下り 上り
14.38ms 225.72Mbps 165.09Mbps
26.78ms 206.94Mbps 218.12Mbps
夕方 25.45ms 137.66Mbps 161.54Mbps
29.31ms 94.7Mbps 144.6Mbps
深夜 29.96ms 185.28Mbps 169.82Mbps
Softbank光 ping値 下り 上り
20.49ms 176.12Mbps 142.49Mbps
26.91ms 246.01Mbps 221.51Mbps
夕方 25.32ms 181.54Mbps 139.11Mbps
29.43ms 113.33Mbps 125.71Mbps
深夜 23.73ms 211.41Mbps 228.25Mbps

ソネット光プラスもSoftbank光も十分な速度を出しています。

またping値も低いのでオンラインゲームにも適しているといえます。

ソネット光プラスはオンラインゲームに適している光コラボなの?

 

年間でどのくらいの費用がかかるの?

ソネット光プラス 12ヶ月間 24ヵ月間 36ヶ月間 48ヵ月間 60ヵ月間
戸建てタイプ 36,960円 73,920円 136,080円 198,240円 260,400円
マンションタイプ 23,760円 47,520円 95,280円 143,040円 196,800円
Softbank光 12ヶ月間 24ヵ月間 36ヶ月間 48ヵ月間 60ヵ月間
戸建てタイプ 50,400円 100,800円 163,200円 225,600円 288,000円
マンションタイプ 33,600円 67,200円 112,800円 158,400円 204,000円

上記の表は割引キャンペーンを考慮した年間の月額料金の合計です。

事務手数料や工事費は含んでおりません。

 

\2年間2,500円割引/

ソネット光プラス公式キャンペーンはこちら

 

それでも迷う人はこうして選ぼう!

料金ではなくその他の要素で選びたい方は以下の点に注目してみてください。

  • 初期設定が苦手ならBBユニットが使えるSoftbank光
  • SoftbankユーザーならSoftbank光
  • auユーザーならソネット光プラス
  • セキュリティ重視ならソネット光プラス
  • IPoEを使うならソネット光プラスのv6プラスがオススメ

初期設定が苦手ならBBユニットが使えるSoftbank光

Softbank光ではSoftbank独自のホームゲートウェイである光BBユニットという機器をレンタルできます。

月額467円のサービスです。

光BBユニットがあればLANケーブルを繋ぐだけでインターネットに接続することができます。

一方ソネット光プラスの場合は基本的にはPPPoE設定を行う必要があります。

慣れてない人には少し手間のかかる作業かと思います。

このような点から初期設定が苦手であればSoftbank光にして光BBユニットを選択するというのも一つの考えです。

ソネット光プラスでもv6プラスにすれば設定は不要なるんだけどね

 

SoftbankユーザーならSoftbank光、auユーザーならソネット光プラス

Softbankユーザーにとっては『おうち割 光セット』の適用ができるSoftbank光の方が良いでしょう。

家族が多くて使っているSoftBankスマホの台数が多ければ多いほど割引額は大きくなります。

一人暮らしであればソネット光プラスでも差はありませんが、家族が多ければSoftbank光にしたほうがスマホ料金が安くなります。

インターネットの契約だけで考えずにスマホとセット割にするとどちらが安いかという考え方も必要です。

同じようにauスマホを使っている人であればソネット光プラスの方がお勧めです。

答えはauスマートバリューが使えるからです。

 

セキュリティ重視ならソネット光プラス

セキュリティソフトはソネット光プラスで使えるS-SAFEが一番オススメです。

料金の加算も無ければ、性能も抜群です。

S-SAFEの特徴

  • ウイルス、トロイの木馬、ランサムウェアに対応
  • バンキングプロテクション機能により、安全なネット決済や金融取引が可能
  • PC/Mac/Android /iOSデバイスに対応
  • 最大7台までインストールまで可
  • スマホやPC利用のルールを作って、ネット依存から子供たちを守る

これだけの性能は他社の光コラボには付いていません。

セキュリティ重視の方はソネット光プラスを選択すると良いです。

 

IPoEを使うならソネット光プラスのv6プラスがオススメ

今の時代において回線速度対策というのは必須です。

ソネット光プラスでもSoftbank光でも速度対策においては力を入れています。

その一つがv6プラスです。

v6プラスを利用するにあたりソネット光プラスの場合はwi-fiルーターを無料でレンタルすることができます。

 

一方Softbank光の場合は光BBユニットが必要となります。

v6プラスの効果に両社とも違いはありませんが、費用面で見るとソネット光プラスの方がおすすめです。

ソネット光プラスのv6プラスについては詳しくまとめた記事があるのでそちらを参考にしてください。

 

まとめ

・料金面、速度面で見てもソネット光プラスがお得

・SoftbankユーザーならSoftbank光、auユーザーならソネット光プラス

参考になりましたでしょうか。 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

\2年間2,500円割引/

ソネット光プラス公式キャンペーンはこちら

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このサイトはソネット光プラスに特化した専門サイトです。

他にもソネット光プラスに関する記事をご用意していますのでお役立ていただけると嬉しいです。

仕方ないから他の記事も見てやるかって優しい方はコチラへ!

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

-ソネット光プラス

Copyright© どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.