光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

ソネット光プラス

ソネット光プラスとぷらら光のおすすめ度を比較調査してみた

2019年11月1日

 

 

こんにちは、たいぞうです。

 

今回はソネット光プラスとぷらら光を比較調査してみたいと思います。

 

・「ソネット光プラスとぷらら光はどっちがお得に使えるの?」

・「将来的に引っ越しする予定がある場合どっちがイイのかな?」

・「長期で利用するならどっちがオススメかな?」

 

料金の比較はもちろん長期で利用した場合の総費用まで計算しております。

 

是非参考にしてください。

 

 

 

ソネット光プラスとぷらら光の初期費用を比較

事務手数料

  ソネット光プラス ぷらら光
事務手数料 3000円 0円

 

開通工事費

回線タイプ 工事内容 ソネット光プラス ぷらら光
戸建て 屋内配線新設 24000円 18000円
屋内配線なし 7600円
派遣なし 2000円
マンション 屋内配線新設 24000円 15000円
屋内配線なし 7600円
派遣なし 2000円

 

ぷらら光は数少ない事務手数料のない光コラボのひとつです。

 

工事費用もソネット光プラスに比べると安いので初期費用を抑えるにはぷらら光はオススメです。

 

 

ソネット光プラスとぷらら光の月額料金を比較

  契約期間 ソネット光プラス ぷらら光
戸建て 24ヵ月 - 4800円
36ヵ月 5580円
マンション 24ヵ月 - 3600円
36ヵ月 4480円

 

ソネット光プラスは36ヶ月契約に対してぷららは契約期間はありません。

 

そのため解約月というものもないので、いつ解約したとしても解約金もかかりません。

 

この点についても他の光コラボとは一線を画しています。

 

しかし気を付けて欲しいのがぷらら光のキャンペーンです。

 

ぷららは通常申し込みをするとキャッシュバックが付いてきます。

 

新規の場合と転用/事業者変更で金額はそれぞれ異なります。

 

このキャッシュバックの受け取りをした場合、最低利用期間というのが生じます。

 

もし途中解約をした場合はキャッシュバンクのほとんどを返還する必要があります。

 

以下の表を見てください。

 

ぷらら光の申込み キャンペーン 最低利用期間 違約金
新規 キャッシュバック35000円
(ひかりTV同時申込で55000円)
3年 35000円
転用・事業者変更 キャッシュバック10000円
(ひかりTV同時申込で30000円)
2年 10000円
ADSLまたはISDN等から乗り換え キャッシュバック20000円
(ひかりTV同時申込で20000円)
3年 20000円

 

表の通りぷららを単独で申し込んでもキャッシュバックの受け取りはできます。

 

しかし最低利用期間が生じるため、期間内に解約した場合は違約金として満額請求されます。

 

ひかりTVを同時申し込みした場合はさらにキャッシュバックの金額は上がります。

 

その分は返還する必要はありません。

 

もし最低利用期間内で解約をする予定があるならば予めキャッシュバックを受け取らないという選択もできます。

 

この場合は申し込み時に窓口に伝えてください。

 

 

ソネット光プラスとぷらら光の開通までの目安を比較

開通までの目安については2週間~1ヶ月程度が相場です。

 

しかし地域や混み具合によっては2ヶ月先になったりすることもあります。

 

特に2~4月あたりにかけてはかなり混み合う時期なので、申し込みを決めたら早めに申し込みをするようにしましょう。

 

 

ソネット光プラスとぷらら光のサポート窓口

ソネット光プラス窓口

0120-80-7761

受付時間 9:00~18:00
※1月1日、2日および指定のメンテナンス日を除く

 

ソネット光プラスの窓口の詳細は意外と迷う?各種手続きを行うso-netの問い合わせ窓口を参照してください。

 

ぷらら光窓口

009192-33

10:00~19:00(年中無休)

ひかり電話の場合:0120-971391

携帯電話の場合:050-7560-0033(有料)

 

ぷららの窓口のガイダンス表については以下を参照してください。

 

 

 

ソネット光プラスとぷらら光の解約金の比較

  契約期間 ソネット光プラス ぷらら光
戸建て 24ヵ月 - 9000円(ひかりTV2ねん割)
36ヵ月 20000円
マンション 24ヵ月 - 9000円(ひかりTV2ねん割)
36ヵ月 20000円

 

ぷららは前述したとおり単独契約の場合は契約期間がないため解約金もありません。

 

しかしひかりTVを契約した場合「ひかりTV2ねん割」が適用されるため2年(24ヶ月)以内の解約は9000円の解約金がかかります 。

 

 

ソネット光プラスとぷらら光の公式キャンペーン

  ソネット光プラス ぷらら光
公式サイト

ネット月額料金 割引特典
・戸建にお住まいの場合
1~36カ月:月額基本料金 2,000円割引
37~60カ月:月額基本料金 400円割引

・マンションにお住まいの場合
1~36カ月:月額基本料金 2,000円割引
37~48カ月:月額基本料金 500円割引

⇒その他のキャンペーン詳細はコチラ

ぷらら光新規限定キャッシュバック
・「ぷらら光」+「ひかりTV」のセット申し込みの場合:55,000円キャッシュバック

・「ぷらら光」の単体申し込みの場合:35,000円キャッシュバック

⇒その他のキャンペーン詳細はコチラ

 

 

ソネット光プラスとぷらら光、24ヶ月契約するならどっち?

では次に24ヶ月間継続して利用した場合の総費用を計算してみます。

 

計算方法は以下の通りです。

 

【初期費用】+【月額料金】+【解約金】-【キャンペーン】

 

 

新規の場合

戸建てタイプ(新規)

ソネット光プラス

3000円+24000円+【5580円×24ヶ月】+20000円-【2000円×24ヶ月】

132920‬円

ぷらら光

0円+18000円+【4800円×24ヶ月】-35000円+35000円

133200円

 

戸建てタイプ(新規)24ヶ月の場合ソネット光プラスの方が280円安いですね。

 

 

マンションタイプ(新規)

ソネット光プラス

3000円+24000円+【4480円×24ヶ月】+20000円-【2000円×24ヶ月】

106520円

ぷらら光

0円+15000円+【3600円×24ヶ月】-35000円+35000円

101400円

 

マンションタイプ(新規)24ヶ月の場合ソネット光プラスの方が5120円高いです。

 

 

転用/事業者変更の場合

戸建てタイプ(転用/事業者変更)

ソネット光プラス

3000円+0円+【5580円×24ヶ月】+20000円-【1600円×24ヶ月】

118520

ぷらら光

0円+0円+【4800円×24ヶ月】-10000円

105200円

 

戸建てタイプ(転用/事業者変更)24ヶ月の場合はソネット光プラスの方が13320円高いです。

 

 

マンションタイプ(転用/事業者変更)

ソネット光プラス

3000円+0円+【4480円×24ヶ月】+20000円-【1600円×24ヶ月】

92120円

ぷらら光

0円+0円+【3600円×24ヶ月】-10000円

76400円

 

マンションタイプ(転用/事業者変更)24ヶ月の場合ソネット光プラスの方が15720円高いです。

 

 

 

ソネット光プラスとぷらら光、36ヶ月契約するならどっち?

新規の場合

戸建てタイプ(新規)

ソネット光プラス

3000円+24000円+【5580円×36ヶ月】-【2000円×36ヶ月】

155880円

ぷらら光

0円+18000円+【4800円×36ヶ月】-35000円

155800円

 

戸建てタイプ(新規)36ヶ月の場合ソネット光プラスの方が80円高いです。

 

マンションタイプ(新規)

ソネット光プラス

3000円+24000円+【4480円×36ヶ月】-【2000円×36ヶ月】

116280円

ぷらら光

0円+15000円+【3600円×36ヶ月】-35000円

109600円

 

マンションタイプ(新規)36ヶ月の場合はソネット光プラスの方が6680円高いです。

 

転用/事業者変更の場合

戸建てタイプ(転用/事業者変更)

ソネット光プラス

3000円+0円+【5580円×36ヶ月】-【1600円×36ヶ月】

146280円

ぷらら光

0円+0円+【4800円×36ヶ月】-10000円

162800円

 

戸建てタイプ(転用/事業者変更)36ヶ月の場合ソネット光プラスの方が16520円安いです。

 

マンションタイプ(転用/事業者変更)

ソネット光プラス

3000円+0円+【4480円×36ヶ月】-【1600円×36ヶ月】

106680円

ぷらら光

0円+0円+【3600円×36ヶ月】-10000円

119600円

 

マンションタイプ(転用/事業者変更)36ヶ月の場合ソネット光プラスの方が12920円安いです。

 

 

 

ソネット光プラスとぷらら光のその他の比較

①ひかりTVについて

ぷららのひかりTVはぷららの設備を使います。

 

一方so-netの光テレビはスカパーの設備を使います。

 

この二つの大きな違いは以下の通りです。

 

・ぷららのひかりTVは初期工事は不要だが月額料金が高い

・so-netの光テレビは初期工事が必要だが月額料金は安い

 

ぷららでひかりTVを契約した場合、「ひかりTV2ねん割」「ひかりTVセット割」が効くため通常の料金よりも安くはなります。

 

しかし長期的な利用を考えるのであればso-netのひかりTVの方がお得になるでしょう。

 

一方チャンネルコンテンツ数で言えばぷららのひかりTVの方が圧倒的です。

 

料金をとるかチャンネル数をとるかで選択すると良いでしょう。

 

②セキュリティソフトの違い

セキュリティソフトで選ぶならソネット光プラス一択です。

 

ぷららはマカフィー、so-netはS-SAFEが適用されます。

 

ソネット光プラスはS-SAFEが無料で利用できます。

 

一方ぷららのマカフィーは別途料金がかかります。

 

しかし性能的に見ても圧倒的にso-netのS-SAFEの方がいいので、セキュリティソフトで選ぶならソネット光プラス一択と言えるでしょう。

 

③IPoEの違い

ソネット光プラスもぷらら光もIPV4 over IPV6が利用できます。

 

両者の大きな違いはレンタルルーターです。

 

ソネット光プラスはNECルーターを、ぷらら光ではIODATAルーターをどちらも無料レンタルしています。

 

性能的に見てもほぼ似てますが、個人的な意見を言えばNECルーターはかなりオススメです。

 

なので個人的にはソネット光プラスの方が良いかと思います。

 

④auスマホユーザーならソネット光プラス一択

これはauスマートバリューが利用できるからです。

 

ぷらら光ではauスマートバリューは適用されません。

 

⑤速度で選ぶなら

個人的には速度で選ぶというのはオススメしていませんが参考にされる方もいらっしゃるで『みんなのネット回線速度』をご覧になってください。

 

 

 

 

【まとめ】総合的に見ればソネット光プラスがオススメ

いかがでしたでしょうか。

今回はソネット光プラスとぷらら光を比較してみました。

両社は光コラボという点では共通ですが、料金設定については大きく違いがありましたね。

どちらも品質は変わりません。

後はひかりTVやセキュリティソフト、IPoEといったその他のオプションの利用状況などによって申し込みするサービスを決めると良いでしょう。

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-ソネット光プラス
-, ,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.