光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

ソネット光プラス

ソネットを解約した後のアドレス残しの手続きをガチ解説【超簡単】

2019年10月7日

 

こんにちは、たいぞうです。

 

今回はソネット光プラスを解約した後でもメールアドレスだけ使いたいという方に向けた記事です。

 

ソネット光プラスだけでなくso-netにはauひかりやNURO光といったサービスもありますが全てに共通する内容です。

 

解約した後もso-netのメールアドレスだけ使いたいという場合どのような手続きをすればいいでしょうか。

 

詳しく解説していきます。

 

 

ソネット光プラスを解約した後メールアドレスは残せるのか?

結論から言うとソネット光プラスを解約した後でもSo-netのメールアドレスは残すことができます

 

ファミリーパックのメールアドレスやA-Boxサービスのメールアドレスもプラスメールアドレスも継続することができます。

 

ファミリーパックのメールアドレスは本契約のメールアドレスに紐づいています。

 

本契約がモバイルコースに変われば当然ファミリーパックもそのままついてきます。

 

ファミリーパックは3つまでは無料なのでその条件も変わりません。

 

 

メールアドレスを残す方法

 

モバイルコースに変更が必要

ソネット光プラスを解約した後メールアドレスだけを残す方法はモバイルコースというコースに変更することです。

 

料金は?

モバイルコースの料金は月額200円です。

 

モバイルコースって何?

モバイルコースとはso-netの中で一番料金の安いコースです。

 

モバイルコースはそもそもso-netでWiMAX2+といったモバイルオプションを使う人が属するコースになります。

 

so-netで契約を続けるために何かしらのコースに属する必要があります。

 

メールアドレスだけを継続したいという人はインターネットのサービスは不要なので、一番料金の安いモバイルコースを勧めているのです。

 

極端なことを言うとソネット光プラスをそのまま契約を残してメールだけを使うという方法もできます。

 

しかし毎月5000円近い料金を払ってメールだけを継続しますか?

 

誰もそういった使い方をする人はいませんよね。

 

そのため一番安いコースモバイルコース変更するわけです。

 

so-netに契約が残る以上メールアドレスは当然のように使えます。

 

そして通常のメールアドレスが使えるからA-Boxサービスもプラスメールアドレスサービスも継続することが出来るのです。

 

ただしA-Boxサービスもプラスメールアドレスサービスも共にオプション料金はかかり続けます

 

 

モバイルコースの変更方法

 

モバイルコースの変更方法は大きく分けて2種類あります。

 

電話で申し込みをする方法かWebで申し込みをする方法があります。

 

時間も取らずに24時間いつでも簡単にできるのはWebでの申し込みです。

 

電話の場合は【0120-08-0790→ガイダンス②】にかけてくださいただい。

 

コース変更の窓口はかなり混み合うことが多いです。

 

そのためモバイルコースの変更であればWebでする方が時間的にも早く済みます。

 

 

モバイルコースに変更する時の注意点

 

ソネット光プラスの解約金は発生する

ソネット光プラスの更新月以外でモバイルコースに変更した場合はソネット光プラスの解約金は発生します

 

同じso-netに契約が残っているからいいんじゃないの?

 

と思う方もいると思います。

 

しかしソネット光プラスというコースからは解約になりますので解約金は当然発生します。

 

これはソネット光プラスに限ったことではありません。

 

例えばauひかりからモバイルコースに変更する場合であっても更新月以外であれば解約金は発生します。

 

NURO光からモバイルコースに変更する場合も同じです。

 

更新月以外の場合は解約金が発生しますのでご注意ください。

 

ソネット光プラスの解約手続きは必要になるのか

ソネット光プラスの解約手続きは必要ありません。

 

モバイルコースへの変更手続きをすれば自動的にソネット光プラスは解約となります

 

so-netのコースの変わり目は月単位で変わります。

 

例えば2019年10月にソネット光プラスからモバイルコースへの変更手続きをしたとします。

 

すると10月中はソネット光プラスの契約、11月からはモバイルコースの契約に変更となります。

 

月の途中でコースが変わることはありません。

 

so-netはその月の1日の時点で属しているコースが採用されます。

 

もし11月1日にコース変更の手続きをした場合は12月からモバイルコースに変更となるのでご注意ください。

 

モバイルコースで使える支払い方法

モバイルコースではクレジットカード払いか口座引き落とししかできません。

 

コンビニ払いは利用することができないのでご注意ください。

 

また口座引き落としの場合は手数料が200円かかります。

 

そのためモバイルコースで口座引き落としをする場合は合計400円となります。

 

純粋にモバイルコースの200円だけで利用したい場合はクレジットカードの登録をするほかありません。

 

月額料金はいつから変わるのか?

前述しましたがso-netは月単位でコースが変わります。

 

そのため10月にモバイルコースの変更手続きをした場合、10月分はソネット光プラスの料金が請求されます。

 

そして11月分からはモバイルコースの料金になります。

 

ただし請求タイミングはお支払い方法によって異なります。

 

コンビニ支払いの場合であれば翌月請求なので11月に届いた請求書までがソネット光プラスの料金です。

 

口座引き落としの場合は2ヶ月遅れの引き落としになるので、12月27日引き落とし分までがソネット光プラスの料金です。

 

クレジットカードの場合はカード会社の請求タイミングによりますが、概ね翌月か翌々月請求が一般的なので11月の請求または12月の請求までがソネット光プラスの料金となります。

 

クレジットカードについては請求タイミングがカード会社によって異なってくるので詳しくはカード会社に確認をしてください。

 

コースが重複することはないのか?

コースが重複することはありません

 

これも前述しましたがso-netは月単位でコースが変わります。

 

10月がソネット光プラスの場合、11月からモバイルコースになるので10月にモバイルコースの料金が発生することはありません。

 

 

コース変更のタイミングで支払い方法も変える場合は要注意

モバイルコースは200円と言いましたがあくまでコースの料金が200円ということです。

 

so-netで支払い方法を口座登録にした場合、口座引き落としの手数料として毎月200円が発生します。

 

つまりモバイルコースで口座引き落としをする場合は毎月400円の料金が発生します。

 

この手数料の200円を避けるためにはクレジットカードの登録をするしかありません。

 

 

また請求タイミングのトラブルとしてよくあるのが例えば10月がソネット光プラス、11月からモバイルコースになるとします。

 

ソネット光プラスの時は口座引き落としでしたが、モバイルコースの変更と同時にクレジットカードの登録をしたとします。

 

すると10月のソネット光プラスの料金は12月の27日に引き落としがされます。

 

そして11月のモバイルコースの料金はカード会社によっては翌月請求なので12月に請求されることがあります。

 

つまり12月にはカードからモバイルコースの料金、口座引き落としでソネット光プラスの料金が引き落としされます。

 

これを一見すると重複請求されてるのではないか?と感じると思います。

 

しかしこれは請求タイミングの問題であり重複請求になってはいません。

 

口座引き落としのタイミングが2ヶ月遅れというのが盲点になるトラブルのでご注意ください。

 

 

モバイルオプションだけを解約してメールアドレスを継続する場合

ソネット光プラスを利用しながらWiMAX2+利用している方も中にはいると思います。

 

こうした契約からメールアドレスだけを継続する場合はWiMAX2+の解約手続きも必要になります。

 

モバイルコースへのコース変更の手続きだけをするとWiMAX2+も残ってしまいます。

 

必ずWiMAX2+の解約も申請するようにしましょう。

 

webから手続きを行う場合は見落としがちなので必ずWiMAX2+の解約も手続きしてください。

 

 

現時点でモバイルコースに属しておりWiMAX2+を利用している方でWiMAX2+だけを解約してメールアドレスだけを残したいという人は WiMAX2+の解約を申請をしましょう。

 

そうすればモバイルコースは継続となりますのでメールアドレスはそのまま利用することができます。

 

なおWiMAX2+の解約についてはコースの解約ではなくオプションになるのでオプションの解約画面から手続きをすることができます。

 

 

メンバーズコースでメールアドレスの継続はできないのか

メンバーズコースでso-netのメールアドレスの継続はできません

 

メンバーズコースはso-netのオプションだけを使うための契約であり、メンバーズコース自体には料金はかかりません。

 

そもそもメンバーズコースはso-netのオプションを使うためのコースなので、メンバーズコースに加入してもメールアドレスをふよされません。

 

そのためメンバーズコースに変更した場合はメールアドレスは使えなくなります。

 

 

プラスドメインメールアドレスは継続できるのか

so-netのメールサービスの中にプラスドメインメールアドレスというサービスがあります。

 

これは通常のメールサービスとは異なり独自ドメインを使ったサービスです。

 

個人契約をしている方の中にもたまにいますがほとんどの方は聞いたことないサービスと思います。

 

プラスドメインメールアドレスも継続することはできます

 

同じくモバイルコースに契約をすれば継続可能です。

 

当然プラスドメインメールアドレスの月額料金も発生します。

 

モバイルコースに変更した後のメール設定について

メールアドレスを継続するためにモバイルコースの変更手続きが完了しました。

 

これで今後もso-netのメールアドレスを利用し続けることができます。

 

ではその後のメールの利用について変更点はあるのでしょうか。

 

結論を言うと変更点は何もありません。

 

設定値も変わらないのでOutlookがWindowsメールなどでso-netのメールアドレスを設定している場合は特に変更する必要もありません。

 

また別のプロバイダーでインターネットを契約している場合メールについてのトラブルがあった場合は乗り換え先のプロバイダーに連絡しても対応はしてもらえません。

 

あくまでメールアドレスはso-netのメールアドレスを使っています。

 

もしメールに関してのトラブルが発生した場合はまずso-netに連絡しましょう。

 

もしインターネットも使えないという状況であれば乗り換え先のプロバイダに連絡するようにしましょう。

 

窓口が異なるとたらい回しにされることがありますのでご注意ください。

 

 

まとめ

今回はソネット光プラスを解約した後のメールアドレスの継続方法について解説しました。

 

一言でまとめるとメールアドレスを継続する場合はモバイルコースに変更すればOKです。

 

注意点とすれば支払い方法です。

 

口座引き落としの場合は別途手数料が200円かかるのでご注意ください。

 

今やメールアドレスもライフラインのひとつと言えます。

 

メールアドレスがなくなると連絡が途絶えるという大変なことにもなりかねませんので、きちんと管理するように気をつけましょう。

 

今回は以上となります。

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-ソネット光プラス
-, ,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.