光回線の比較・サービス内容・選び方・トラブル回避の方法など、初心者さんにも分かりやすく解説します。

プロエラ

ソネット光プラス

ソネット光プラスで事業者変更する方法【解約→新規が一度でOK】

2019年7月18日

 

こんにちは、たいぞうです。

 

2019/07から事業者変更が可能になりこれから光コラボの間で切り替えが盛んになると予測されます。

 

そして新しいサービスが始まる時にはトラブルも合わせて発生するのがこの業界のあるあるです。

 

今回はソネット光プラスの転用と事業者変更について解説していきます。

 

少しでも事業者変更について理解いただけたら良いなぁと思います。

 

どうぞ最後までお付き合いください。

 

 

転用と事業者変更の違い

 

事業者変更と同じようなサービスで転用というのがあります。

 

まずはこの二つの違いについて説明します。

 

・転用はフレッツ光から光コラボに移ること

・事業者変更は光コラボから光コラボ、またはフレッツ光に移ること

 

 

転用はフレッツ光から光コラボに移ること

 

転用はフレッツ光から光コラボに移ることを言います。

 

しかしその逆の光コラボからフレッツ光に戻すことは出来ません。

 

また一度光コラボにすると別の光コラボに移ることは出来ません。

 

この場合、一度解約をして改めてフレッツ光や光コラボの契約をし直す必要がありました。

 

これが光コラボの一番の弱みでした。

 

そしてこの問題を解消したのが事業者変更です。

 

 

事業者変更は光コラボから光コラボ、またはフレッツ光に移ること

事業者変更は光コラボからフレッツ光に戻すこともできれば、他社の光コラボに移すこともできます。

 

ドコモ光からソネット光プラスに移すことができるし、ソネット光プラスからソフトバンク光に変更することもできます。

 

その際、基本的には工事費など不要で事務手数料のみで変更が出来るようになりました。

 

事業者変更によってユーザーが受けられるメリットは以下の3点です。

 

①基本的に切り替えの際に工事費は不要

②光電話の番号を引き継ぐことが出来る

③初期設定が不要

 

①基本的に切り替えの際に工事費は不要

開通は既にしているので開通工事は不要です。

 

ただし事業者変更と同時に速度変更する場合は2000円程度かかります。

 

 

②光電話の番号を引き継ぐことが出来る

NTTでアナログ電話の時に発番した番号はもちろん、光コラボで発行した光電話番号も引き継ぐことが出来ます。

 

ただしソフトバンクのホワイト光電話やBBフォンのようなプロバイダ独自の電話サービスで発行した番号については引継ぎが出来ません。

 

あくまでNTT回線に紐づいている光電話の番号ということになります。

 

ソフトバンクは特に電話サービスが沢山あるのでソフトバンク光から事業者変更を考えている人は注意が必要です。

 

 

③初期設定が不要

事業者変更をしてもプロバイダは継続して利用する場合、初期設定は不要です。

 

とはいえこれにも例外があります。

 

例えばv6プラスを利用していた場合です。

 

v6プラスを利用していた場合、プロバイダの接続情報を入力していないはずです。

 

そのため事業者変更によりv6プラスが解除されると変更先のプロバイダの接続情報で初期設定を行う必要があります。

 

その他の例としてはプロバイダを変更した場合です。

 

プロバイダが変われば接続IDとパスワードは当然に変更になります。

 

新たに初期設定を行ってください。

 

初期設定の方法については以下の記事を参考にしてください。

 

ソネット光プラスのモデムやルーターの初期設定を解説【接続の手順】

  今日ね、工事だったんだけどインターネットに繋がらないの 工事がちゃんと出来てないんじゃないの? う~ん・・・でも工事の人は問題ないって言ってたよ 初期設定はしたかい? 初期設定・・・って ...

続きを見る

 

 

 

事業者変更を効果的に行う方法

 

事業者変更が可能になったといっても申請のために電話やメールをしたりするわけですから何か手間はかかります。

 

なので出来れば面倒な変更などせずに今の光コラボを継続すれば一番いいですよね。

 

でもある状況下においては事業者変更をしたほうが良い場合があります。

 

それは以下の3つの状況です。

 

①毎月の料金が高いとき

②速度が遅くて使いものにならないとき

③スマホとセットの割引を適用させたいとき

 

 

①毎月の料金が高いとき

現在の光コラボの料金が割引もなく通常料金になっているようであれば見直しのタイミングです。

 

事業者変更によって新たにキャンペーンを受けられるので料金を抑えることも可能です。

 

特に更新月が近いのであれば見直しした方が良いでしょう。

 

 

②速度が遅くて使いものにならないとき

速度低下の要因は色々ですが、その一つとして『プロバイダの利用者増加』があります。

 

この場合はプロバイダを変更すると急激に速度が向上することがあります。

 

ただし、変更先のプロバイダでも利用者増加で速度が低下する可能性はあります。

 

必ず速度が上がるプロバイダというのはありません。

 

正直これは賭けですが、あまりに遅くて通常の利用にも支障が出るような状況であれば事業者変更を行う価値はあるでしょう。

 

 

③スマホとセットの割引を適用させたいとき

昨今の光コラボはスマホとのセット割のキャンペーンをおこなっていることが多いです。

 

そのためスマホに合った光コラボに変更するのは正しい選択と言えます。

 

docomoユーザーであればドコモ光がオススメです。

 

Softbankユーザーであればソフトバンク光がオススメです。

 

auユーザーであればソネット光プラスやBIGLOBE光が良いでしょう。

 

 

 

ソネット光プラスから事業者変更する場合

 

ソネット光プラスから他社の光コラボに移る場合はso-netに電話をして事業者変更承諾番号を発行してもらってください。

 

電話をしてから数時間後に事業者変更承諾番号を受け付けたメールとSMSが届きます。

 

ただし16時以降の連絡の場合、事業者変更承諾番号の発行は翌日にズレ込むことがあります。

 

事業者変更承諾番号の払い出しの状況はマイページで見ることが出来ます。

 

ただし事業者変更承諾番号が発行できないケースが3つあります。

 

・別の申込みをしている場合(コース変更、解約など)

・未払いがある場合

・天災などでサービスが利用出来ない状況にある場合

 

これらのケースの場合は事業者変更承諾番号の発行は出来ませんのでご注意ください。

 

また事業者変更承諾番号は発行されてから15日間が期限です。

 

事業者変更承諾番号を発行した後は早めに次の光コラボに申し込みましょう。

 

事業者変更承諾番号を払い出し窓口はこちらをclick

 

 

ソネット光プラスへ事業者変更する場合

 

ソネット光プラスに事業者変更をする場合は、まず現在の光コラボ事業者に連絡をしてください。

 

そこで事業者変更承諾番号を発行されます。

 

発行された事業者変更承諾番号をso-netに連絡してください。

 

その際もう一つ必要な情報として契約IDが必要になります。

 

契約IDは『CAF~』『COP~』から始まる番号です。

 

少なくとも光コラボ契約当初には発行されている情報なので確認してみましょう。

 

事業者変更の申込みは電話かwebで出来ます。

 

ソネット光プラスに事業者変更をする方はこちらをclick

 

事業者変更についてもっと詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

事業者変更承諾番号を取得する方法を解説【主要な光コラボ完全攻略】

こんにちは、たいぞうです。 2019年7月から光コラボの事業者変更が始まりました。 ・事業者変更って何? ・事業者変更するメリットは? ・事業者変更の手続き方法は? 今回は2019年7月から開始となる ...

続きを見る

 

 

まとめ

 

事業者変更によりプロバイダ間の変更が簡単になりました。

 

これはユーザーにとっては朗報ですね。

 

しかし変更することでどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのかを知っておかないと損することになります。

 

変更のタイミングによっては解約金が発生することにもなりますしメールアドレスを失う場合もあります。

 

事業者変更は言い換えれば前のプロバイダを解約することになるので解約時の注意点はしっかりプロバイダ側に確認を取りましょう。

 

今後気づいたことがあればドンドン追記していきますので、気になる方は改めてお立ち寄りください

 

それではまた。

 

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はインターネットを使っていると一度は聞いたことがある(と思われる)アナログ戻しについて解説します。 これまでこのサイトではアナログ戻しについては何度か触れ ...

2

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

3

  こんにちは、たいぞうです。 enひかりの速度対策サービスには『v6プラス』と『transix』があります。 この二つはとても似たサービスなのでどう違うのか分からないですね。 今回は『v6 ...

-ソネット光プラス
-,

Copyright© プロエラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.