ソネット光プラスとはどんなサービスなのか?このサイトで全て解説します!

どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト

ソネット光プラス

ソネット光プラスは快適にインターネットを使えるだけの速度を提供してくれるのか

2018年9月17日

こんにちは、たいぞうです。

インターネットを使っていると回線速度というのはどうしても気になる要素の1つではないでしょうか?

あなたはこれまでインターネットを使ってきてこんな経験はないでしょうか。

  • 夜間帯に速度が急激に落ちる
  • 終日速度が出なくて困る
  • 通信状態が悪くて、たびたびインターネットが途切れる

これじゃぁ使い物にならないですよね。

こうした疑問はソネット光プラスにしても同じです。

これからソネット光プラスに契約する方、また乗り換えようと考えている方は不安なはず。

そこで今回はソネット光プラスが快適にインターネットを使えるだけの速度を提供してくれるのか調べてみようと思います。

せっかくソネット光プラスに変えても速度が出なければ意味がないもんね。
それにソネット光プラスは速度が出るって安心できれば申し込みもしやすいしね。

それではさっそくソネット光プラスがどのくらいの速度が出るのか見ていこう!

 

ソネット光プラスは快適にインターネットを使えるだけの速度を出せるのか

どうしてここまで言い切れるかというと実際に調査した数値が出ているからです。

まずはこちらをご覧ください。

時間帯 ping値 下り 上り
20.13ms 307.53Mbps 197.82Mbps
18.93ms 358.49Mbps 228.27Mbps
夕方 21.56ms 294.34Mbps 205.06Mbps
18.96ms 283.07Mbps 207.06Mbps
深夜 16.76ms 334.87Mbps 224.55Mbps

※IPoE接続のSo-net 光プラスの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)

 

時間帯 ping値 下り 上り
14.38ms 225.72Mbps 165.09Mbps
26.78ms 206.94Mbps 218.12Mbps
夕方 25.45ms 137.66Mbps 161.54Mbps
29.31ms 94.7Mbps 144.6Mbps
深夜 29.96ms 185.28Mbps 169.82Mbps

※PPPoE接続のSo-net 光プラスの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)

 

この数値は2020/09までに『みんそく』でリアルなユーザーが速度測定をしたデータの平均値です。

『みんそく』では直近3ヶ月の平均値が更新されています。

そのためデータとしてはかなり信用できる数値といえるでしょう。

先の表がIPoE利用時の回線速度で、後の表がPPPoE利用時の回線速度の数値です。

【補足】☞IPoEとかPPPoEって何?

でもこんな数値見せられても、どれだけ速いのかなんて分からないよ?

と思った方もいらっしゃることでしょう。

私たちは日常的にwebの閲覧やtwitter、動画を視聴などしていますが、それらにはどのくらいの数値が必要なのでしょうか。

それが以下の数値です。

■インターネットを快適に使うための回線速度の目安(ダウンロード)

回線速度 インターネットで出来ること
1Mbps webの閲覧、メール受信、LINE
3Mbps 動画視聴(720p)、ビデオ通話
5Mbps 動画視聴(1080p)、オンラインゲーム(スマホ)
25Mbps 4K動画の視聴、オンラインゲーム(PC)

 

■インターネットを快適に使うための回線速度の目安(アップロード)

回線速度 インターネットで出来ること
1Mbps メールやチャットの送信
3Mbps SNSに写真投稿、ビデオ通話
10Mbps SNSに動画投稿、データファイルの共有

そうなんです。

動画視聴となると、100Mbpsとか200Mbps必要ってイメージしませんか?

私たちが普段使っているインターネットって意外と低い数値で大抵のことは出来るんです。

それを踏まえて先ほどの表を見てください。

ほとんどの時間帯で3桁の数値を出しています。

だからソネット光プラスは快適にインターネットが出来るって言い切れるんです。

 

\速度も安心/

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

ここからはソネット光プラスの回線速度についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

■夜~深夜帯のIPoEとPPPoEの回線速度の比較

夜間帯の速度数値を見てください。

IPoEで接続していると相当に安定していることが分かりますね。

時間帯 ping値 下り 上り
夜(IPoE) 18.96ms 283.07Mbps 207.06Mbps
深夜(IPoE) 16.76ms 334.87Mbps 224.55Mbps
夜(PPPoE) 29.31ms 94.7Mbps 144.6Mbps
深夜(PPPoE) 29.96ms 185.28Mbps 169.82Mbps

数値を見ると明らかです。

ソネット光プラスのような光コラボを使う場合は、かならずv6プラスを申込むようにしましょう。

v6プラスって何?

 

表からわかること

  • IPoEの方が夜間帯でも速度が安定している。
  • ping値もIPoEの方が安定している。
でもping値って何?
ping値っていうのは「サーバー間の情報伝達の時間を表す数値」のことだよ。

(ping値については別の記事で説明するからちょっと待ってね。)

 

じゃぁソネット光プラスでv6プラスに申込めば安心してインターネットが使えるね。

いやいや、そうはいかないこともあるんです。

※注意※

みんなの回線速度の数値が速いからといって、あなたも必ず速くなるとはいえない!

どういうことぉ!!!

 

回線速度の低下になる要因って何なの?

確かに『みんそく』で見るソネット光プラスの速度数値は高いものがあります。

しかし回線速度というのは色々な要因が絡んできます。

あなたがインターネットを使う環境と他人の使っている環境は違います。

だからみんなが速度が出ているからあなたも快適にインターネットが使えるとは限らないのです。

(もちろんその逆も同じでみんなが遅いからあなたも遅くなるとは限りません。)

  • 宅内環境
  • 宅外環境
  • 機器の経年劣化
  • 利用者の増加

上記に記載したのは回線速度に影響を与える一例です。

回線速度はそのくらい色々な要因に左右されるのです。

宅内環境

宅内環境とは言葉通りユーザーが利用している自宅の環境です。

具体的に以下のようなことが速度低下の要因になります。

  • 普段ネットをする場所とモデムの設置部屋が離れている
  • モデムの設置部屋とネット利用する部屋の間に家具が置いてある
  • 鉄筋コンクリートの家
  • モデム機器の間隔が近すぎる
  • モデムの近くに電化製品がある
  • モデムが埃で汚れている
  • 直射日光を受ける場所にモデムを置いている 等々
へぇ~こんなことでも速度って低下するんだね。

そうなんです。

何気ないことですがこんなことでも回線速度はグンッと落ちます。

作者の体験談

私は先日テレビ周りを少し整理をしていてモデムの位置を変えたんです。

その時モデムとwi-fiルーターを隣り合うように置いた途端にインターネットが繋がらなくなったんですよ。

あれ?っと思い、30㎝ほどお互いを離すと元通りに繋がるようになりました。

本当にちょっとしたことで回線速度の品質は落ちます。

私の体験はwi-fiですが有線ケーブルでの接続でも同じことがいえます。

急に速度が落ちた、接続が出来なくなったという方は少しモデムの位置を変えてみてください。

それだけで改善することもありますよ。

回線速度ってちょっとしたことで大きく変わるんだね。

 

宅外環境

宅外環境が回線速度の低下要因となっている場合はすぐにso-netに連絡してください。

宅外環境というのは外の回線環境のことです。

例えば、

  • 災害で外の回線が切れた
  • 近隣の工事が原因で回線に損傷が出た

このような場合はユーザーではどうにも出来ません。

回線業者のso-netに連絡して対応してもらうようにしましょう。

宅外環境が起因で接続不可になっているかどうかの判断は簡単にできます。

NTTモデムに「光回線」という項目のランプがあります。

これが点灯していなければ回線に問題があります。

一つだけ例外があります。

モデムから壁についてる光コンセントまでの間に抜けてないか確認してください。

光コンセントに抜けが無ければ間違いなく宅外に原因があるので、すぐにso-netに連絡しましょう。

so-netの連絡先一覧はこちらです。

 

機器の経年劣化

モデム類は普通に利用していれば、おおむね5年ほどで機能が低下し始めます。

機能が低下し始めると通信速度にも影響が出てきます。

故障の原因が見当たらない場合は機器の劣化の可能性があります。

この場合もso-netに連絡しましょう。

経年劣化が原因と判断された場合は無料で交換できます。

利用者の増加

わたしはまだ使い始めて1年くらいだけど、最近急に遅くなってきた気がする。
あぁ!ぼくも同じ。ソネット光プラス契約したての頃は安定してたけど最近遅いんだよねぇ。

 

このように特に環境の変化もなく速度低下に陥ってる時は、利用者の増加が原因で遅くなっていると考えられます。

人気のあるプロバイダだと地域によっては利用者が想定以上に増加することがあります。

そうなると回線が混雑を起こし通信が遅くなることがあります。

利用者の増加により遅くなっている場合、即効性のある対処法としてはv6プラスです。

v6プラスについて詳しく教えて!

\v6プラスは無料/

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

速度を改善させる7つ対処方法

  1. リブート
  2. ルーターの初期化
  3. モデム機器の掃除
  4. LANの規格の確認
  5. モデム環境を見直す
  6. wi-fiルーターの置き場所を変える
  7. v6プラスに申込む

 

①リブート

簡単にいうと電源の入れ直しのことです。

wi-fiを利用している場合、ルーター内に電磁波が溜まってwi-fiが飛びにくくなることがあります。

そこで電源を抜いて5分ほど時間をおいて入れなおしてみてください。

電源を抜くことでルーター内に溜まった熱や電気を放電をします。

そうすることでwi-fiの飛び具合が改善されることがあります。

急に繋がらなくなった場合にまずやってみてください。

 

②ルーターの初期化

リブートでも改善されない場合は、ルーターの初期化をしてみてください。

機器をリフレッシュさせる効果があります。

ただし初期化をする場合ご注意いただきたい点があります。

初期化するとルーター内の設定は全てリセットされる。

工場から出荷した時のまっさらな状態に戻ります。

そのため設定していた情報はすべて消えてしまいます。

初期化の後は接続設定を再度行う必要がありますので予めリセットしても問題ないか確認の上行ってください。

 

③モデム機器の掃除

掃除をするためにまずは電源コンセント、LAN ケーブルなどモデムについてるケーブル類は全て外しましょう。

掃除をするといっても機器本体を分解するのはNGです。

あくまで表面部分のみ掃除するようにしましょう。

モデムの掃除

  • モデムの表面の埃を取る
  • アルコールティッシュでモデム表面を拭く
  • ケーブルの差込口も拭く

掃除の仕方は掃除機で表面の埃を取ってください。

この時LAN ケーブルの差し込み口や電源コンセントの差し込み口の埃も取るようにしましょう。

できれば綿棒などで隅々まで埃を取ってください。

 

次に拭き掃除です。

ただしこのとき水で絞った雑巾などはNGです。

少しでも水分が入ると内部に水分が入りショートして機器本体が故障する原因となります。

おすすめはアルコールティッシュです。

アルコールであれば蒸発するので安心です。

できればパソコン用のウェットティッシュが電気量販店にも売ってるのでそういったものを使うようにしましょう。

 

またケーブルの差し込み口もアルコールティッシュで拭くことをおすすめします。

ただし拭いた後すぐにLAN ケーブルを挿すのはNGです。

必ず乾くのを待ちましょう。

ドライヤの冷たい風で乾かすのも一つの手です。

完全に乾いた状態でLAN ケーブルを差すようにしましょう。

 

④LANの規格の確認

  • パソコンのLANポートの規格の確認
  • 利用中のLANケーブルの確認

まずパソコンのLANポートの差し込み口の規格を確認してください。

ソネット光プラスは最大で1Gbpsの速度が出ます。

しかしパソコンのLANポートの規格が1Gbpsになっていなければそれ以上の速度は出ません。

とはいっても1Gbps規格に対応していないパソコンって相当に古い型だよ。

もしあなたのパソコンが対応していなければ、残念ですがパソコンそのものを買い換えるしかありません。

LANポートの規格はパソコンのLANポートの差し込み口か、説明書に書いてます。

 

ポートが1Gbpsに対応していてもLANケーブルそのもの1Gbpsに対応していないことがあります。

以下の表を見てください。

規格 CAT5e CAT6 CAT6A CAT7 CAT8
通信速度 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps 40Gbps
伝送帯域 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz 2000MHz

これはLAN ケーブルの規格とその通信速度など表示しています。

 

⑤モデム環境を見直す

  • モデム間は最低30㎝は開ける
  • 長すぎるLANケーブルを使わない

モデム同士の距離が近すぎると干渉しあって通信が途切れることがあります。

少なくとも30㎝程度は開けるようにしましょう。

またモデムをつなぐLANケーブルはできるだけ束ねないようにしましょう。

距離に合わないLANケーブルを使う場合LANケーブルを束ねることがありますが、これはあまり推奨できるものではありません。

LANケーブルを束ねて使うと通信速度の低下、切断の要因となります。

出来る限りモデム間の距離に見合ったLANケーブルを購入するようにしましょう。

 

⑥wi-fiルーターの置き場所を変える

wi-fiルーターはなるべく高いところに置くことをおすすめします。

wi-fiルーターの電波は下に落ちて行く習性があります。

2階建ての家であれば2階に置くのがベストです。

1階であっても可能な限り壁の高い所に立てかけたり、高い家具の上に設置するように心がけましょう。

また家の中にwi-fiルーターを置いてみて、どの場所が一番電波が強いでしょうか。

電波感度の強い場所にwi-fiルーターを設置するようにしましょう。

窓際が強いのであれば窓際に、部屋の真ん中に置いた時に電波が強いなら部屋の真ん中に置くように心がけましょう。

 

⑦v6プラスに申込む

ソネット光プラスで契約するならv6プラスは必須です。

PPPoE方式だけでは近年のインターネットの速度低下を避けることがとても難しいです。

ソネット光プラスではv6プラスは無料で申し込むことができます。

またソネット光プラスとv6プラスを同時申し込みすればv6プラスの対応wi-fiルーターも無料でレンタルすることができます。

必ずv6プラスは申し込むようにしましょう。

\v6プラスは無料/

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

どうやっても速度改善しない

結論

残念ですが解約するしかない。

ここまで述べた改善策を講じても速度の改善が無い場合はソネット光プラスでの継続利用は厳しいです。

その他に考えられる要因としては前述しましたが外部の要因が強いです。

この場合はユーザーでもso-netでも対応ができません。

ここまでしても改善しない場合は事業者変更などで他の光コラボに切り替えることも視野に入れましょう。

その際、解約金などの費用がなどが発生することはあります。

でもこれだけやって改善しないのに解約金はちょっと納得できないなぁ。
そうだよね。別に解約したくてするわけじゃないんだから。

 

たしかにそうですね。

なので必ずここまでの経緯をso-netに伝えて解約金の免除などの相談をするようにしましょう。

 

まとめ

  • 『みんそく』で見る限りソネット光プラスは安定した速度提供が見込める。
  • 速度低下になる要因はいろいろある。
  • 回線速度が落ちたと感じる場合はまずは改善策を試そう。
  • 速度低下が改善しない場合は解約も視野に入れよう。

参考になれば幸いです。

それではまた(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

 

\速度も安心/

【公式】ソネット光プラスはこちら

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

-ソネット光プラス
-,

Copyright© どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.