ソネット光プラスとはどんなサービスなのか?このサイトで全て解説します!

どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト

ソネット光プラス

ソネット光プラスとフレッツ光は何が違うの?

2019年1月18日

こんにちは。

今回はおすすめの光サービスを一つご紹介いたします。

光コラボといった最近主流のものではありません。

私は最も使いやすい光サービスだと思っています。

それは【フレッツ光】です。

 

フレッツ光とはNTTの提供している回線の名前ですが、各プロバイダでフレッツ光という光サービスがあります。

もちろんNTTのフレッツ光回線を利用したサービスです。

なぜこれが一番おすすめなのか。

これから説明していきます。

 

最強の光サービスと聞かれれば『フレッツ光』と私は答えます!

なぜフレッツ光が最強のサービスなのか?

 

フレッツ光とは俗にアンバンドルタイプの光サービスです。

アンバンドルというのは『unbundle』と英語で書きます。

アンバンドルは「別々に売る」という意味を持ちます。

つまりアンバンドルタイプとは言葉の通り、プロバイダと回線を切り離した契約のことを言います。

特徴としては以下の4つです。

フレッツ光の4つのポイント

①プロバイダの選択肢が多い

②契約期間がない

③回線があれば即日接続まで出来る

 

 

プロバイダの選択肢が多い

フレッツ光はNTT提供の光回線です。

フレッツ回線に対応したプロバイダはとても多く存在します。

そのためユーザーの好きなプロバイダと契約することができます。

選択肢が豊富にあるのでユーザー側の都合でどのプロバイダでも利用することができます。

プロバイダは様々ですが、フレッツ光に対応していないプロバイダはないので安心して選べます。

ただしあまりマイナーなプロバイダはおすすめしません。

ある程度名前の通っているプロバイダを選ぶことをおすすめします。

 

 

契約期間がない

フレッツ光はアンバンドル契約とお話ししましたが、その特徴として契約期間がないことが挙げられます。

契約期間が無いということはいつでもユーザーのタイミングで解約が出来るということです。

当然解約金も発生しません。

 

例えば速度が低下してプロバイダでも改善できない場合、解決策としてはプロバイダの乗り換えしかありません。

通常の契約であれば契約期間があり、解約時期によっては解約金が発生するので容易に解約は出来ません。

しかしフレッツ光は契約期間というものが無いので、すぐに解約して別プロバイダとの契約に移ることができます。

柔軟な契約が出来るので、速度低下のようなどうしようもないトラブルにも即時対応が出来るのが強みです。

 

 

回線があれば即日接続まで出来る

前述しましたがフレッツ光の契約はプロバイダ側に契約期間がありません。

そのため解約を容易にすることが出来ます。

そして同じように契約も簡単にできるのがフレッツ光の強みです。

 

先ほどの例で言うと、速度が低下してプロバイダを解約しても乗り換え先のプロバイダがないと意味がありません。

フレッツ光の場合プロバイダに電話で申し込めば、すぐにIDとパスワード発行できる場合が殆どです。

 

大手のプロバイダであれば電話、もしくはメールですぐにIDとパスワードのが発行されます。

急いでいる方や、特におすすめなのが法人契約される方にはとてもおすすめの契約です。

フレッツ光はアンバンドル契約なので、プロバイダを解約してもNTTとの回線契約は残ります。

後はプロバイダの接続用のIDとパスワードがあればすぐに接続が出来ます。

 

 

フレッツ光と『withフレッツ』の違い

フレッツ光とwithフレッツは内容、品質には違いは全くありません。

違いは契約形態です。

フレッツ光はアンバンドルです。

つまり回線事業者であるNTTとプロバイダは何ら連携のない契約です。

それに対してwithフレッツという契約は連携をしている契約になります。

 

具体的な違いはいくつかありますが、その一つは支払いを一本化できるという点です。

フレッツ光の場合はNTTとプロバイダからそれぞれ請求が来ます。

しかしwithフレッツ契約の場合は支払いを一本にすることが出来るという利点があります。

支払いはかなりスッキリするので便利です。

 

一方でwithフレッツにすると契約期間が生じます。

フレッツ光の利点としていつでも簡単に解約出来ると言いましたが、withフレッツは逆です。

解約時期によっては解約金が生じます。

最近は光コラボが出てきました。

そのためwithフレッツにするなら光コラボにした方がメリットも多くなります。

 

近年の光サービスで言えばwithフレッツは少し中途半端な感じがします。

withフレッツにするなら光コラボにするのが断然おすすめです。

 

各プロバイダにはフレッツ光とwithフレッツ契約があります。

ここまで述べてきた利点を生かすのであればフレッツ光にするのがおすすめです。

 

 

法人で使うならフレッツ光一択!

 

私はフレッツ光はとてもおおすすめのサービスだと思っています。

特に法人、個人事業など仕事で利用する方には絶対にフレッツ光をおススメしています。

光コラボではなくフレッツ光です。

 

その最大の理由は契約の柔軟性です。

ここまで述べた通りフレッツ光は契約期間がないこと、プロバイダの切り替えが容易に出来ることが特徴です。

急に速度が低下してインターネットが利用できない状況に陥ったらどうですか?

仕事でインターネットが使えないとなるとかなり致命的です。

個人として利用するなら使えなくても何とかなりますが、仕事で使うとなるとそうはいきません。

 

もしこの契約が光コラボだとどうでしょうか?

簡単に解約も出来ないですし、別のプロバイダに切り替えるということも簡単には出来ません。

光コラボは契約期間があります。

解約すると解約金が発生します。

また解約すると回線は廃止になります。

そのため再度インターネットを利用するには改めて回線契約が必要です。

 

仕事で利用するのであればもしもの時に備えておく方が安心です。

そのような意味で法人や個人事業の方はフレッツ光がベストな契約だと思います。

 

光サービスが始まった当初からのクラシックなサービスですが、今なお便利なサービスです。

参考になれば幸いです。

 

ではまた。

  • この記事を書いた人

たいぞう

こんにちは、たいぞうです。 とあるプロバイダでお客様相談を受けてきた経験を生かして 他では決してお伝え出来ないユーザー様のお得になる情報を 書いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事はこちら

1

  こんにちは、たいぞうです。 今回はソネット光プラスの代理店からの勧誘トラブルについてお話します。 これはソネット光プラスに限らずインターネット業界でよくある勧誘トラブルの話です。 &nb ...

-ソネット光プラス
-, ,

Copyright© どこよりも詳しいソネット光プラス徹底解説サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.